ナイジェリアの若き点取り屋イヘアナチョ、出場機会減でシティ退団か

写真拡大

▽マンチェスター・シティに所属するナイジェリア代表FWケレチ・イヘアナチョ(20)に今夏退団の可能性が浮上した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

▽イヘアナチョは、今シーズンのプレミアリーグ19試合に出場して4ゴール3アシスト。シーズン前半戦こそ出場機会を得られていたものの、今冬に加入したブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスの登場でプレータイムが減っている。

▽報道によれば、シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督は今夏の補強資金を蓄えるため、2021年まで契約を残しているイヘアナチョの売却を考慮。イヘアナチョの市場価値を2000万ポンド(約28億7000万円)と見積もっているという。

▽そのナイジャリアの若き点取り屋に対しては現在、ウェストハムが関心を示している模様。FWアンディ・キャロルやFWディアフラ・サコーが故障がちなことから、ストライカー陣の補強に動く意向を示しているようだ。