思いのまま!?策士女子に聞いた「彼へのおねだりテクニック」

写真拡大 (全2枚)



Instagramなどを見ていると、旅行やプレゼント、レストランなど男性へのおねだりが上手そうな子が沢山いますよね。「私はそんなにおねだり上手になれない!」と思っても、いつも楽しそうな姿を見ているとちょっと羨ましくもなるもの。おねだり上手な女子の振る舞いは普通の子とどう違うのでしょうか。どんな方法で男性におねだりしているか女性の意見を聞いてみました。

■・ ブランドショップの前で待ち合わせをする

「ブランドに全く詳しくない彼からほしいものをプレゼントしてもらうには、ブランドショップの前で待ち合わせしてわざと遅刻するんです。『充電切れそうだから店内にいて』と言って20〜30分遅れていって店内の商品の相場観などを覚えてもらうんですね。それで、合流して自分の欲しいものをさりげなく『これ可愛いね!』と彼にアピール。でもその場でおねだりするとわざとらしいのでその日はおねだりしません。後日『あれ可愛かったなあ。でも買えないし……』と何度も話題に出せばたいがいの男性が『買ってあげようか』と言ってくれますよ」(22歳/受付)

策士ですね……!「その場でおねだりしない」というのがあざとい女子に見られないためのテクニックだそう。女性ものしかないお店だと彼も居づらいので、お目当てのものが売っているセレクトショップ前で待ち合わせるのがポイントだそうですよ。

■・ 男性の妄想をかきたてる



「『下着買って』とお願いして嫌な顔をする男性はいません。高くて自分で買いたくないものは男性に買ってもらっています。下着はサイズの問題があるので自分の好みじゃないものを男性が勝手に選べないのが良いんですよ」(28歳/看護師)

男性の本能をくすぐっておねだりする方法も有効だそう。下着屋さんで男性を長時間待たせるのは気まずいので、事前にある程度目星をつけておいて試着も済ませておくそうです。2.3点のなかから選んでもらうと良いそうですよ。

■・ 普段は安いお店でも思いっきり嬉しがる

「男の人って自分でお店探すのがそんなに得意じゃないんですよね。連れて行った女の子が喜んでくれれば嬉しいと思ってくれるので、普段から楽しそうにしていると高級店をリクエストしても喜々として予約してくれますよ」(21歳/大学生)

普段から「美味しい!」「こんな素敵なお店初めて!」と思いっきり喜んでおくと、男性も「この子をもっと喜ばせたい」という思いでいろいろなところに連れて行きたくなるようです。

■・ 記念日を作っておねだり

「付き合って1ヶ月記念、3ヶ月記念など何かと記念日をつけてお祝いしています。そのたびにジュエリーを買ってもらったり旅行やレストランに連れて行って貰いやすくなりますよ」(27歳/エステ勤務)

誕生日だと年に1回しかありませんが、記念日が沢山あるとおねだりがしやすくなるそうです。お礼に手料理を振る舞ったりすることはあっても、あまり普段から尽くし過ぎないのもポイントだそうですよ。

■おわりに

おねだり上手な女性たちは、男性の本能をくすぐるのが上手いんですね。「彼女に喜んで欲しい」と思ってもらうには、普段から何かしてもらったときに思いっきり喜ぶようにしてメリハリをつけてみてはいかがでしょうか。(上岡史奈/ライター)

(ハウコレ編集部)(古泉千里/モデル)(小南光司/モデル)

(泉三郎/カメラマン)