※演じているのは竹内力です
 - (C)2017「大馬鹿代」製作委員会

写真拡大

 俳優の竹内力が原案・製作総指揮・主演を務めるオリジナルドラマ「大馬鹿代」で、初のヒロイン役に挑戦することが明らかになった。真っ赤な唇、おばちゃんパーマというパンチ強すぎな姿を披露した竹内は、「日本人って笑えて感動できるコメディーが好きじゃない? それを新しく作ろうと思っても普通にやったんじゃ『男はつらいよ』の寅さんには絶対に勝てない。だからオバハンになろうと思ったのよ」と製作理由について明かした。

 本作は、ジュピターテレコム(J:COM)とアスミック・エース、「映画・チャンネル NECO」を運営する日活が共同で取り組んでいるドラマ。「大馬鹿代」のほかにも、竹内が弁護士から探偵業に堕ちた男を熱演する連続ドラマ「闇の法執行人」も製作されている。

 「大馬鹿代」では、数々のヒットシリーズでヒーローを演じてきた男の中の男の竹内が、謎のおばさま・大馬鹿代に大変身。持ち前の馬鹿力で、眼前に飛び出してきたスナックのママを助けたところ、そのスナックの運営を任されてしまった鹿代。店のカギを鹿代に渡し、中学生の娘・安奈を置いて出て行ったママに対し、鹿代は安奈のためにスナックに住み込んで働くことを決意する。

 一見、人間離れをした風貌の彼女だが、竹内いわく「化け物みたいに見える彼女だけど、哀しい過去もあってサスペンス的な見どころもある。 感動的なシーンもあって泣けるんだ」という。さらに気迫あるアクションでも知られている竹内だが、今作では「鹿代はアクションもするけど、正当アクションは一切封印し、怪獣的な強さを見せるようにしている」とのこと。また竹内は「売りとしてはオレのパンチラがあるぞと(笑)」とも付け加えていた。

 「オレの作る作品は、みんなが気持ちよく仕事ができるよう細心の注意を払ってる」と話す竹内が見せるまさかの変化。「大馬鹿代」は、6月11日午後10時20分〜11時45分に「J:COM プレミアチャンネル」で放送。「闇の法執行人」(第1〜3話)は6月10日より毎週土曜日午後10時〜11時20分に「J:COM プレミアチャンネル」で放送を開始する。2作とも、放送日より「J:COM オンデマンド」の定額見放題サービス「メガパック」にても配信を開始するほか、「映画・チャンネル NECO」での放送も予定している。(編集部・井本早紀)