「ニュース番組」といえば、シリアスな雰囲気で放送されるものがほとんど。でも生放送で行われている番組が多いため、時には思わぬハプニングが発生することも…。

コスモポリタン イギリス版によると、先日韓国の朴大統領に関するニュースが『BBCワールドニュース』で報道されていた際、その"予期せぬ出来事"が起こり、真面目なインタビュー映像がドタバタコメディに発展することに。

まずはこちらの映像をどうぞ。

インタビューに応じていたのはロバート・E・ケリーという教授で、番組内では神妙な面持ちで朴大統領の罷免問題について解説。すると、娘がチンパンジーのようなダンスをしながらご機嫌で部屋に突入してくるという、まさかの事態が発生! しかもそれに追い打ちをかけるように、歩行器に座った弟が猛スピードで姉を追跡し、乱入してくるという…。

ところが、女性(後に教授の妻であることが判明)が部屋に突入して子供たちを連れ去り、このコメディシーンは強制終了されることに。その後、インタビューは何事もなかったかのように続行されたものの、教授は必至に思い出し笑いを堪えていた様子。

『BBCワールドニュース』のジャーナリストであるローランド・ヒューズも、このドタバタ劇を大いに楽しんでいたよう。

本来なら真面目な報道番組ではあるまじき事態だけど、こんなにかわいいハプニングなら、いつでもウェルカムですね♡

※この翻訳は、抄訳です。

Translation:Rubicon Solutions, Inc

COSMOPOLITAN US