画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●Surfaceとは

米国で教育市場向けノートPC「Surface Laptop」を発表したばかりのマイクロソフトだが、5月23日には再びSurfaceブランドの新製品を発表するという。

PC市場には多くのメーカーが存在するにも関わらず、マイクロソフトがPC製品のラインアップを拡大し続ける理由はどこにあるのだろうか。

○2-in-1からノートPCへ拡大してきたSurfaceシリーズ

2012年、Windows 8の発売に合わせてマイクロソフトが発表したのが「Surface」シリーズだ。それ以前にもテーブルトップ型PCとして同名の製品はあったが、Surfaceとして一般に知られているのは2-in-1型のタブレットだろう。

Surface Proシリーズがそれまでのタブレットと異なるのは、内蔵のキックスタンドで自立する点にある。そこに薄型キーボードを接続したシルエットは独特で、カフェや新幹線などで見かける機会も増えている。

さらにSurfaceのラインアップは拡大している。フォトグラファーなどクリエイター向けの「Surface Book」は、高性能を追求しながらスタイリッシュなPCとして、MacBook Proを意識した存在だ。

同じくクリエイター向けのオールインワン型「Surface Studio」は、柔軟なスタンドや「ダイヤル」型のコントローラーでiMacを狙い撃ちにした。会議室向けの大画面デバイス「Surface Hub」も聞いたことがあるかもしれない。

そして新たに加わったのが、Chromebookに対抗する「Surface Laptop」だ。シリーズ全体を振り返ってみると、アップルやグーグルに対抗しつつ、Windows PCの新たな可能性を模索してきたのがSurfaceシリーズといってよいだろう。

●Surfaceの役割

○特定ジャンルにおける「お手本」としてのSurface

だが、新たな可能性を模索しているのはPCメーカーも同じことだ。果たしてマイクロソフトは、PC市場から既存のメーカーを追い出し、覇権を握ろうとしているのだろうか。

いまのところ、マイクロソフトの目的は、「お手本」となる製品の開発にあるようだ。その具体例として、最近はレノボやデル、HPなどの大手PCメーカーが、Surface Proによく似た製品を堂々と売っているのだ。

ここまで似ていると、さすがにマイクロソフトが怒るのではないか、と心配になる人がいるかもしれない。だがマイクロソフトはこれらを「Surfaceスタイル」の製品として紹介したり、米国に展開する「Microsoft Store」で販売したりしているのだ。

このように、Surfaceシリーズの投入で新たなカテゴリーを開拓し、他のPCメーカーとともにWindowsの市場を拡大するというのが、ここ数年のマイクロソフトの基本戦略だったといえる。さらに開発者向けイベント「Build 2017」では、スマートフォンとしてiPhoneやAndroidを取り込むことで、これまでシェア獲得に失敗してきたモバイル市場にエコシステムを拡大する戦略を発表した。

果たして5月23日には、どのような製品が登場するのだろうか。かねてから噂のあった「Surface Pro 5」について、マイクロソフトは否定している。だがPC製品にとどまらず、マイクロソフトが取り組む「MR」(Mixed

Reality)や音声アシスタントの「Cortana」についても、新たな市場を切り開くSurfaceデバイスの登場を期待したい。