画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ロックな時計、ベンチュラ

スイスのバーゼルで開催されたウオッチ&ジュエリーの祭典「BASELWORLD 2017」にて、ハミルトンは、発売60周年を迎えたアイコンウオッチ「ベンチュラ」のアニバーサリーコレクションを発表。

また、世界8都市で開催されている「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ」の記念ウオッチ2種もまた発表した。日本でも6月に千葉県・幕張で開催が予定されているだけに、こちらも話題となりそうだ(掲載写真はすべてクリックで拡大表示。価格はすべて予価で税別)。

○ベンチュラ アニバーサリーコレクション

1957年に登場した「ベンチュラ」は、それまでの腕時計の歴史と概念を覆した、いわば「ロックな時計」である。世界初の電池式という画期的な機構はもちろん、当時のアメリカを象徴するオートモービル「キャデラック」のデザイナーでもあるリチャード・アービブによるデザインは、なんと左右非対称の三角形。

そんなエキセントリックともいえたベンチュラは、発売と同時に記録的なセールスを達成した。アメリカ産業の金字塔として、現在もスミソニアン博物館に収蔵されている。また、偉大な歌手、エルヴィス・プレスリーがベンチュラの熱烈なファンであったことも、このタイムピースに伝説を付加することになった。

そんなベンチュラが今年(2017年)、発売60周年を迎えるにあたり、ハミルトンがアニバーサリーコレクションを発表。オリジナルモデルの雰囲気を受け継ぐヴィンテージデザインの「ベンチュラ YGPVDモデル」と、現代のファッション性とデザイン技術を積極的に採り入れた「ベンチュラ デニムモデル」、そしてキング・オブ・ロックンロールと謳われたエルヴィスを思い起こさせるステージマイクをイメージした「ベンチュラ エルヴィス 80 スケルトン」だ。

○ベンチュラ YGPVDモデル / ベンチュラ デニムモデル

ベンチュラYGPVDモデルは、その名の通り、イエローゴールドPVD加工されたSS(ステンレス・スチール)ケースが特徴。ケースだけでなく、ダイヤルのエレクトリックグラフィックやインデックスの原子マーク、秒針の先端にもレッドマーカーを残すなど、1957年発売当時のベンチュラのディテールを残しつつ、現代的にアレンジしている。ムーブメントはクォーツ。風防はミネラルガラスで、5気圧防水。ストラップは、クロコ型押しのカーフストラップ。

価格は、ケース幅32.3mmのLサイズモデルが10万1,000円、ケース幅24mmのSサイズモデルが9万8,000円。発売中。

一見、SSケースをデニムストラップが貫いているようなデザインが目を引くベンチュラ デニムモデル。だが、実はダイヤル内はデニム柄が最新技術で3Dプリントされている。なお、デニムはベンチュラと同じく1950年代に誕生したアメリカンカルチャーの象徴という点から、今回のモチーフに選ばれたとのこと。まさに、「常識や変化を恐れない」というベンチュラの精神を体現するコレクションだ。

こちらもムーブメントはクォーツで、ダイヤルにはエレクトリックグラフィックが描かれている。風防はミネラルガラスで、5気圧防水。デニムストラップの裏地にはブルーレザーを使用、スタイリッシュなデザイン性と装着感を両立させた。

価格は、ケース幅32.3mmのLサイズモデルが9万1,000円、ケース幅24mmのSサイズモデルが8万8,000円。11月発売予定。

○ベンチュラ エルヴィス 80 スケルトン

今回のアニバーサリーコレクションで唯一のメカニカルモデル。ステージマイクをモチーフとしたダイヤルのスリットから、自動巻ムーブメントが覗き見える。そもそも、オリジナルが世界初の電池式時計という栄光ある足跡を持ちながら、そのアニバーサリーモデルにあえて機械式をラインナップするところが、いかにもベンチュラ的なニクイ演出だ。ちなみに、パワーリザーブは80時間。

SSケースの幅は42.5mmで、シースルーバック仕様。風防はフロント、バックとも(形状的に製造難易度が高い)サファイアクリスタルで、5気圧防水。価格は、ラバーストラップ装着モデルが19万3,000円、エルヴィスが愛用したといわれる蛇腹のSSブレスを装着したモデルが19万8,000円。7月発売予定。

●レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ 2017

○カーキ エアレース チームハミルトンモデル/公式タイムキーパーモデル

世界8都市をツアーしながら、世界一のエアレーサーを決定する「レッドブル・エアレース・ワールドチャンピオンシップ 2017」は今年、ひとつの節目となる10シーズン目を迎えた。

日本では、6月3日・4日の2日間にわたり幕張にて開催が予定されているこのビッグイベントで、ハミルトンはチームとして参加すると同時に、公式タイムキーパーも務める。これを記念して発売されるのが、パイロットウオッチ「カーキ エアレース チームハミルトンモデル」と「カーキ エアレース 公式タイムキーパーモデル」だ。

○カーキ エアレース チームハミルトンモデル

カーキ エアレース チームハミルトンモデルは、ブラックダイヤルにオレンジインデックスのコンビネーション。これは、チームパイロットであり、アンバサダーも務めるパイロット、ニコラス・イワノフ氏の愛機とパイロットスーツのカラーリング。まさに、ハミルトンとイワノフ氏の絆の象徴だ。なお、シースルーケースバックに、レッドブルエアレースのロゴと「TEAM HAMILTON」の文字が入る。

○カーキ エアレース 公式タイムキーパーモデル

一方、カーキ エアレース 公式タイムキーパーモデルは、シルバーダイヤルにブルーインデックスとレッドの秒針をセット。レッドブルロゴをもイメージさせるトリコロールだ。シースルーケースバックには、レッドブルエアレースのロゴと「OFFICIAL」の文字が入る。

どちらのモデルもムーブメントは自動巻、パワーリザーブは80時間。両モデルともにケースはSS製で、サイズは42mmと38mmがある。シースルーケースバック仕様で、風防はフロント、バックともサファイアクリスタル。防水性能は5気圧。ストラップは、各モデルともブラックカーフストラップとSSブレスから選べる。

価格も両モデル共通。42mmケースは、ブラックカーフストラップモデルが8万6,000円、SSブレスモデルが9万2,000円。38mmケースは、ブラックカーフストラップモデルが8万3,000円、SSブレスモデルが8万9,000円。

すべて5月発売だが、 チームハミルトンモデルの42mmケースのみ、ハミルトンのアビエーション旗艦店のみの先行発売となる。2018年1月からは、取扱店全店で展開される予定だ。

●宇宙……壮大なテーマを描く

○ODC-X03 リミテッドエディション

腕時計のスタイルを借りて、宇宙という壮大なテーマを描く「ODC X-03」。デザインを手がけたのは、映画『インターステラー』の美術監督であるネイサン・クロウリーだ。特徴的な木星とその周囲を回る(かのような)3つのダイヤルは、3Dプリントやレーザーエングレービングなどの最新テクノロジーを駆使して、合計120以上もの工程を経て作られている。

3つのダイヤルはローカルタイム(現地時刻)、UTC、ホームタイムという3つの時間帯を12時間計で表現したもの。ただし、ローカルタイムが自動巻、UTCとホームタイムはクォーツという3つのムーブメントで構成されている。時差で連携する第二時間帯を持つムーブメントを使わず、それぞれのムーブメントが独立している理由を推測するに、おそらくは宇宙での時間の流れをイメージさせるためだろう。

時間の流れは光速に近付くほど遅くなり、また、巨大な質量下では重力場の影響で、相対的に時間の流れが遅くなる。つまり、地球と木星では、時間の流れる速度そのものが違うのだ。

映画『インターステラー』でも、「超大質量ブラックホール、ガルガンチュアのまわりを公転する"水の惑星"での一時間は、地球の七年間に相当する」と語られるシーンがある。さすがにODC-X03のダイヤルの回転速度はすべて地球時間ではあるが、ダイヤルデザインとも相まって実にSF的な夢の広がる話ではないか。

ケースは、スペースブラックPVDコーティングを施したチタン製。サイズは49mm×52mmの六角形で、各ムーブメントのりゅうずが折りたたまれた状態でシームレスに格納される。ケースバックには、木星の大きさや温度といった情報が書き込まれている。風防はフロント、バックともサファイアクリスタル。防水性能は10気圧。ストラップは、宇宙飛行士にも使いやすい革張りのテキスタイルストラップ。価格は42万1,000円。世界限定999本で、5月発売。