【詳細】他の写真はこちら

DREAMS COME TRUEの新ライブ映像作品『裏ドリワンダーランド 2016』が、7月7日に発売されることが決定した。

※「裏ドリカム〜」の「裏」は丸囲みが正式表記。

「裏ワンダーランド」(通称「ウラワン」)とは、ドリカムが4年に1度行っているグレイテストヒッツライブ『史上最強の移動遊園地 ドリカムワンダーランド』の裏バージョンとして、2012年にはじめて開催された全国ツアー。

Blu-rayとDVDでリリースされる映像作品には、昨年9月10日・11日に埼玉・さいたまスーパーアリーナを皮切りに12都市30公演で行われ、全会場即日ソールドアウトとなった『裏ドリワンダーランド 2016』から12月24日の神奈川・横浜アリーナ公演の模様が完全収録される。

2015年に実施された『史上最強の移動遊園地 DREAMS COME TRUE WONDERLAND 2015』の続編にして対をなす今回のツアーは、2016年にリリースした裏ベストアルバム『私だけのドリカム』と連動。「ライブで歌うのがこれで最後かもしれない」と、吉田美和も語る“隠れた名曲”ばかりで構成したセットリストで行われた。

ワンダーランドで展開したファンタジー世界が反転したようなダークな物語が進行するなか、「さよならを待ってる」「月光」などのレア曲が序盤から会場を盛り上げる。

より音楽にフォーカスした吉田美和の表現豊かなボーカルと、中村正人のグルーヴィーなベースプレイは、ドリカムの音楽のルーツを感じさせる。それこそがウラワンのウラワンたるゆえん。もちろん、演出面でも随所に工夫が凝らされている。会場のセンターに組み上げられた廃墟をイメージした2層に回転するステージや、観客参加型の仕掛けまで、立体感のある演出はバラエティに富み、さらに「LOVETIDE」や「みつばち」など、“踊る吉田美和”が見られる楽曲も多数収録。トータルで”チーム・ドリカム”でしか実現できないライブが存分に味わえる内容となっている。

そして気になるのは……オープニング映像から展開される物語りの結末。ライブの熱狂とともに深まるストーリーにも目が離せない。

バンドメンバーは、浦嶋りんこ、JUON、最上三樹生、大谷幸、武藤良明、本間将人を中心としたDCTホーンズなどお馴染みのメンバーに加え、今回はドラムに坂東慧(T-SQUARE)を迎え、さながらミュージシャン日本選抜的な豪華布陣で贈る。

おまけ映像には、リハーサルの貴重な映像のほか、ドリカムライブの人気コーナー「ドリー・ザ・ブートキャンプDX」のレクチャーを収録。また、ライブの名シーンを捉えた「豪華ライブフォトブック(64P)」も付属する。

ライブ音源のミックスは、エアロスミスのプロジェクトにも参加しているエド・トゥートン、ステレオマスタリングは、数々のグラミー賞にノミネートされたアルバムや全米チャートの上位にランクインする作品、そして、ミリオンヒットを記録したベストアルバム『DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム』のマスタリングエンジニアでもある、ニューヨーク / スターリングサウンドのクリス・ゲーリンジャーが担当。サラウンドマスタリングは、2014年にグラミー賞を受賞し、ビヨンセ、グリーン・デイ、ボン・ジョヴィ、リアーナのDVD作品も手掛けているライアン・スミスが務めた。

<メンバーコメント>

裏ベスト『私だけのドリカム』からの選曲ということで、28年間にわたってリリースしてきた各アルバムでいちばんの山場を担うような曲がグッと集まりました。

最初の曲から、1曲1曲演奏が終わるたび「アンコール!」してもらえるようなテンションで、トータル25曲、攻め続けています。こんな並びで、こんな曲たちが集まるライブは二度とないかもしれません。

前作『ドリカムワンダーランド 2015』映像作品がドキュメンタリータッチだとすれば、今作はまさに1本の映画のように作り上げました。

「実はライブでこれが聴きたかった! 見たかった!」という皆さんの夢をかなえるウラワン。

ぜひご覧ください。

DREAMS COME TRUE 吉田美和 中村正人

リリース情報



2017.03.21ON SALE

DIGITAL SINGLE「KNOCKKNOCK!」

2017.07.07 ON SALE

Blu-ray&DVD『裏ドリワンダーランド 2016』

『裏ドリワンダーランド 2016』特設サイト

http://dreamscometrue.com/urawan2016/

DREAMS COME TRUE OFFICIAL WEBSITE

http://dreamscometrue.com/


[Blu-ray]

[DVD]