画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●SAP Cloud PlatformのAWS、Azure、GCPの対応を強化

SAPは5月16日から3日間、米フロリダ州オーランドで年次カンファレンス「SAPPHIRE NOW 2017」を開催した。今年の目玉は、IoT、機械学習、アナリティクスなどをまとめたツールセット「SAP Leonardo」の正式発表だ。インメモリコンピューティング技術「SAP HANA」以来の大型発表としている。本稿では、同社エグゼクティブ・ボード・メンバーでプロダクト&イノベーション担当のBernd Leukert氏が「勝つ(Win)」をテーマにした基調講演の模様をお届けする。

SAPは以前から、ERPなどの業務アプリケーションを「企業を動かす(Run)もの」として位置付けてきた。だが、あらゆる産業でクラウド、IoTといった技術がもたらす変化が進行しており、そのスピードは加速している。Runに加えて、"Win"によりデジタルトランスフォーメーションに向けた「デジタルのDNAを作ることができる」と、Leukert氏はSAPの戦略を説明する。Leonardoは"Win"を担うものとなる。キーワードは「オープン」だ。

○マルチクラウドを実現するPaaS「SAP Cloud Platform」

Leonardoは新しい技術ではなく、既存の技術をIoT向けに集めた技術群となる。SAPのPaaSである「SAP Cloud Platform」を土台としたマルチクラウドインフラによるオープン性、豊富な機能などを特徴とする。

SAPが今年2月に再ブランディングしたSAP Cloud Platformは、Cloud Foundryの統合による抽象レイヤを設けることで、マルチクラウドを実現する。Leukert氏は、これまでAmazon Web Services(AWS)上で公開ベータとして提供してきた「SAP Cloud Platform Cloud Foundry」を、米国と欧州でGA(一般公開)にし、「Microsoft Azure」上でベータ提供を開始したことを発表した。「Google Cloud Platform(GCP)」もサポートする。

Googleとは今年3月に提携を発表しており、この日はGoogleのクラウド事業トップに就任したDiane Greene氏がステージに登場した。「SAPはビジネスアプリケーションのリーダーであり、われわれはクラウドにおける技術のイノベーションを続けてきた。2社は補完的な関係」とGreene氏。すでに発表されているGCPによるSAP S/4 HANAへの対応、GCP上でのSAP Cloud Platform、Googleの機械学習、深層学習での協業などに加え、「SAP NetWeaver」をGCP上でサポートすることも発表した。GoogleはGoogle TreasuryにGCP上のSAP HANAを採用するという。

そして、提携締結から2カ月で初の共同顧客として、ドイツのソフトウェアベンダーのsovantaがS/4 HANAのプラットフォームとしてGCPを採用したことを発表、4週間でGCP上にS/4 HANAをのせたという。

Googleとの提携は、オープン性の下で実現するマルチクラウド戦略となる。そのほか、SAP Cloud Platformはセキュリティ、モバイル、統合、アナリティクスなど、Open APIを用いて豊富な機能を利用できるほか、APIを持つデジタルコンテンツのストア「SAP API Business Hub」などパートナー/開発者のエコシステムも特徴となる。

○ビジネスイノベーションプラットフォーム「SAP Leonardo」

Leonardoは「ビジネスイノベーションプラットフォーム」として、ビックデータ、機械学習、IoT、ブロックチェーンなど分野のSAP技術セットで構成される。SAP Cloud Platform上でこれらの新しい技術を結び付けることで、新しいアプリケーション、サービス、ビジネスモデルの開発を支援する。

例えば「SAP Leonardo Machine Learning Foundation」は、財務、マーケティングといった特定の業務アプリケーション向けに機械学習アプリケーションのセットだ。また、「SAP Leonardo IoT Foundation」はモノからのデータをSAPのプロセスと組み合わせるための技術で、事前設定されたソリューションを用意する。再利用可能なサービスを用いて、カスタムIoTを構築できる。50種類以上のIoTプロトコルをサポートする「SAP Leonardo Edge」も備える。

「SAP Leonardo Blockchain」はマイクロサービスとしてブロックチェーン技術を提供することで、既存アプリケーション向けにブロックチェーンのブロックチェーン拡張を構築したり、SAP Leonardoの技術ツールと組み合わせてIoTや機械学習に統合したりできる。

デモでは、ドリルなどの工具のレンタルショップがメンテナンスシステムにSAP Leonardoを利用した例が披露された。

最終的に、工具のレンタルは日単位で課金していたところ、センサーにより使用量に応じた料金プランを用意するというビジネスモデルに変えた。

●「SAP HANA」を基盤としてクラウドを推進

○差別化は「デザインシンキング支援」「デジタルツイン」

顧客の"Win"を支援するにあたって、SAPは技術ツールのみを提供するのではない。共同創業者のHasso Plattner氏の主導のもとでSAPが10年以上前から力を入れているデザインシンキングを組み合わせることで、先述の工具レンタルショップの例では新しいビジネスモデルまで生み出すことができた。

「デザインシンキングでビジネスバリューを生み出す。これまでとは異なる顧客とのエンゲージを追求する」とLeukert氏。SAPはこの日、ニューヨーク、サンパウロ、パリ、バンガローで「SAP Leonardo Center」を開設することも発表した。顧客はLeonardo Centerまたは自社でSAPの支援を受けながら、エンドユーザーを意識して、製品やサービスのプロトタイプの設計から製品化までを迅速に進めることができるという。

Leonardo関連でLeukert氏が最後に発表したのが、「SAP Leonardo Digital Twin」だ。これは、物理資産に対して、ソフトウェアの"双子"を作るもので、ソフトウェアの双子側を変更してその成果を見て、物理資産に実装することが可能になる。産業IoTではよく用いられるアプローチだ。

「継続的にセンサーからのフィードをモニタリングして、物理的なストレスを計算して、全体への影響を計算するといったことができる。これはSAPの差別化のポイント」とLeukert氏。

デモでは、風力原動機運用企業がノルウェーの風力タービンに異常があることがわかり、VRヘッドセットを装着してSAP Co-Pilotと対話しながらデジタルツインに問題のある部分を表示し、センサーの場所を移動させて変化を見た。

ボルトの変更が必要とわかると、バックエンドと連携して在庫状況を問い合わせ、Concurと連携させて取り替えのためのフィールド技術者を探すなどのことを行った。

○ERPをはじめ全面クラウド推し――「SAP HANA」が土台

"Run"については、クラウドを強調した。

「デジタルがもたらす機会を受け入れる必要があるのは、拡張性、可用性などを得ることができるからだ」とLeukert氏。SAPはコアの「SAP S/4 HANA Cloud」を2016年夏に公開しており、フロントの「SAP Hybris」「SAP SuccessFactors」「SAP Fieldglass」「Concur」などのクラウドアプリケーションを持つ。

土台はもちろん、「SAP HANA」だ。「SAP HANAを土台とすることで、アプリケーションに効率と自動化がもたらされる」とLeukert氏。実際、「数年後にSAPで動くビジネスプロセスの80%が自動化される」と、Leukert氏は予想した。

中でも中核となるSAP S/4 HANA Cloudについては、常時アップデート、ビジネスプロセスをシームレスに統合できるオープン性などが特徴という。「マシンデータをメンテナンスに統合したり、外部のソーシャルデータを顧客プロファイルに統合したりすることができる」と、Leukert氏はメリットを説明する。

あるITサービス管理会社は支社立ち上げにあたって、S/4 HANA Cloudの採用、財務、購買、プロジェクト管理に加え、ConcurとSuccessFactorsの統合も含め、決定から10週間で実装したとのことだ。

最後にLeukert氏は、「最高のモジュラースイート、オープンなクラウドアプリケーション、これにデジタルイノベーションシステムのLeonardoがあり、双方がシームレスに連携される。これが勝利につながる」と述べてスピーチを締めくくった。