【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の朝鮮中央通信は19日、個人名義の記事で、「対話と対決は絶対に両立し得ない」と主張した。対北朝鮮で制裁と対話を並行する考えを示す韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し批判的なメッセージを送ったものとみられる。
 記事は「対決は分裂であり、外勢追従は反統一」だと主張。さらに故朴正煕(パク・チョンヒ)元大統領の対北朝鮮政策に言及した上で、「真の北南(南北)関係改善と祖国統一を望むなら、『対話のある対決』という両立不可能な詭弁(きべん)を使い民族統一に逆行した独裁者の最悪の例に教訓を探し、自主統一に向け新たに出発すべきだ」と促した。
 これは文政権が「北の態度変化があって初めて対話が可能」との認識を示したことや、対話のためには条件が整わなければならないとの点で米国と一致したことをけん制したものと受け止められる。
ikasumi@yna.co.kr