中国航天科技集団公司傘下の中国長城工業集団有限公司と、インドネシアの衛星事業者「PSNS」が契約に署名した。写真はインドネシアのルディアンタラ情報通信大臣(写真右から4人目)に衛星の模型を寄贈する中国航天科技集団公司の楊保華副総経理(写真左から2人目)。

写真拡大

中国航天科技集団公司傘下の中国長城工業集団有限公司と、インドネシアの衛星事業者「PSNS」がジャカルタで17日、インドネシアの通信衛星プロジェクト「PALAPA―N1」の契約に署名した。人民日報海外版が伝えた。

これは中国製通信衛星がインドネシア宇宙市場に初進出したことを意味する。(提供/人民網日本語版・編集/YF)