マピオン、ウォーキングアプリで他社と協力 Tポイントの導入や特産品プレゼントも

写真拡大

地図や位置情報サービス事業を展開するマピオン(東京都港区)は、同社が提供しているウォーキングアプリ「aruku&(あるくと)」に企業や団体計7社が協力し、新たなサービスやポイント制度を導入していくと、2017年4月26日に発表した。

ノウハウを生かしたウォーキングアプリ

「aruku&」は同社の地図や位置情報ゲームの運用ノウハウを活用したスマートフォンアプリで、アプリをインストールしたスマホを持ち歩き、アプリ内で設定された課題や目標を達成することでプレゼントが当たるというもの。

今回の発表で協力することになったのは日本生命保険、ミズノ、Tポイント・ジャパン、朝日新聞、日本百貨店、新日本歩く道紀行推進機構、凸版印刷の7社。それぞれが自社のヘルスケアソリューションとしてaruku&を利用するほか、アプリを通して様々なサービスを提供するという。

日本生命保険はアプリへの健康情報提供やアプリの利用状況に応じて同社のポイントが貯まる仕組みの構築、Tポイント・ジャパンはTポイントサービスの提供、日本百貨店はプレゼントとして全国の特産品・名産品などの商品提供など予定されている。

aruku&は無料で提供されており、対応OSはiOS、アンドロイドとなっている。