オシャレすぎる「突っ張り棒」を発見! 隠すのではなく “見せる” 収納はもちろんインテリアとしても重宝するよ

写真拡大

収納がかぎられている場合、何かと便利なのが “突っ張り棒” です。

クラウドファンディングサイト「Makuake」に登場した突っ張り棒「DRAW A LINE」は、収納に役立つのはもちろん、インテリアとしてお部屋をオシャレに演出してくれる優れもの。

隠すのではなく、あえて見せる。置くことで、 “生活感” を無くす。そんな突っ張り棒、これまでになかったかも〜!

【ざらっとした質感がシャレオツです】

突っ張り棒のトップシェアメーカー「平安伸銅工業」とクリエイティブユニットTENTのコラボによって生まれた「DRAW A LINE」のビジュアルは、非常にシンプル。カラーはブラックとホワイトの2種類で、パイプにざらっとした粉体塗装を施した、味わい深いデザインが特徴です。

どれだけミニマルな「1本の線」にしていくかということにとことんこだわったという突っ張り棒は、60年以上の歴史を誇るデザイン賞「レッド・ドット:プロダクトデザイン2017」も受賞しているよう。このことで、どれだけオシャレなのかということがお分かりいただけたのではないかと思いますっ。

【もちろん機能性にも優れているよ】

一方で「壁を傷つけないので賃貸住宅でも安心」「スクリューロック方式で固定」「好みや用途に応じて先端のキャップを選べる」など、機能性もばっちり。

なかでも特筆すべきは、ハンガーやフックを取り付けたりと従来どおりの使い道はもちろん、使い方によって自由にカスタマイズできるという点です。

付属のテーブルや、吊り下げ式の棚を取り付けたりすることが可能。支援コースによっては、ランプつきのものもあります。通常の突っ張り棒と違ってマグネットも付けられるので、なにかと便利なんですよね。

【模様替えには打ってつけ】

プロジェクト登場から24時間で目標額を達成しているあたりに、注目度の高さがうかがえる「DRAW A LINE」。

申し込んだ時点で売買契約が成立するという支援コースは、税込み9150円からとなっているようです。お部屋の模様替えを検討中のあなたはさっそく、チェックしてみてはいかがでしょうか。

参照元:Makuake
執筆=田端あんじ (c)Pouch

この記事の動画を見る