5月17日、BMWは6世代目となる新型「BMW M5」に関する情報とティザー画像を公開した。2017年内のデビューが予定されている新型M5には、新たに4輪駆動システム「M xDrive」を採用。従来の後輪駆動(FR)に加えて、「4WD」と「4WD sport」の駆動モードが選択できるようになった。

 

「M xDrive」を新たに搭載

この駆動モードにDSCモード(DSCオン、Mダイナミックモード、DSCオフ)を組み合わせ、ドライバーの嗜好や走行シーンに合わせて多彩に走り方を選択することができる。もちろん、古典的な後輪駆動ならではの走りも楽しめる。

 

 

エンジンは最新バージョンの4.4リッターV型8気筒ツインターボで、8速仕様の「Mステップトロニック・トランスミッション」を組み合わせる。燃費は欧州複合モードで9.5km/Lと発表された。このパワートレインが引き出すアウトプット、そしてそれを原動力とした加速性能は、いまのところ明らかにされていないが、従来型を確実に凌ぐパフォーマンスの持ち主であることは間違いないだろう。

 

公表された写真では、新型M5はボディがカモフラージュされており、ヘッドライトやホイールといった一部のディテール以外、スタイリングの詳細は確認できないものの、新型M5に搭載されるM xDriveが演出する走りが動画で確認できる。