パイオニア・エレクトロニクス(USA)は現地時間5月18日、Apple CarPlayに対応したインダッシュレシーバー5モデルを発表、同社NEXシリーズのラインアップを拡充しました。

1DINタイプが登場

AVH-2330NEXとAVH-2300NEXは7インチ、AVH-1330NEXとAVH-1300NEXは6.2インチディスプレイを搭載した2DIN、AVH-3300NEXは7インチディスプレイ搭載・1DINのインダッシュレシーバーです。
 
最大の特徴が、5モデルすべてがApple CarPlayに標準対応している点です。特に1DINタイプについては、中古車の多くに搭載可能であるため、パイオニアは古い車種でも簡単にスマートフォンと接続し、さまざまな機能が楽しめるようになる、としています。
 
Android Autoについては、7インチディスプレイ搭載の3モデル(AVH-3300NEX、AVH-2330NEX、AVH-2300NEX)のみの対応となっています。

価格は400ドルから。7月に発売

価格は、AVH-2330NEXとAVH-2300NEXが500ドル(約55,000円)、AVH-1330NEXとAVH-1300NEXが400ドル(約44,000円)、AVH-3300NEXが600ドル(約66,500円)で、いずれも7月発売の予定です。
 
 
Source:パイオニア・エレクトロニクス(USA)
(lunatic)