恋人に求める必要条件ってみなさんお持ちですよね。けれど、その内容によってはまわりからドン引きされる可能性もあるので、わざわざ口に出すことはない条件もあることでしょう。今回はそんな、こっそりと心の中に持っている恋人の必要条件を集めてみました。

1. 友だちからスタートしないと無理

すごくすてきな人に出会って、相手もこちらに好意を持っているとわかったとしても、すぐに恋人関係になることには抵抗があって、絶対に友だちという期間を経ないと恋人関係に発展するのは無理という方も多いのでは?
そんなあなたに根気強く付き合ってくれる相手ならば、交際してもうまくいくことでしょう。しかしその一方で、友だちになってしまったおかげで告白しにくい、という状況に追い込まれてしまうこともあるんですよね。

2. 毎日好きと言ってもらいたい

わかっていますとも! 「毎日好きって言って!」なんて言うと重たい女だと思われてしまうことは……。でも、毎日愛されているという実感をしたいので、恋人にはなにかしらの愛情表現をわかる形でしてもらいたいんですよね。
付き合う前までそういったタイプだったのに、付き合い始めたとたんに愛情表現が薄れしまう、釣った魚にエサをやらない人もいますから、ときに後からがっかりさせられることもありますけど……。

3. できるかぎり一緒に過ごしたい

こちらも「毎日好きと言ってもらいたい」と同様、口に出しては言わないものの、大好きだとやっぱりこれを求めてしまいますよね。正式に付き合う前、すでにかなり仕事に趣味にと忙しいタイプであるとわかっていれば、この条件はクリアにならないものの、なぜかそういう人にひかれてしまうんですよね。そして、恋愛中に悩みを抱えることになってしまうのです。

4. 暴走を止めてもらいたい

好きになると猪突猛進タイプで、相手を喜ばせようとあれやこれややってしまうというあなたは、それをなだめ、止めてくれるような人が必要だと思うこともあるはず。
もちろん好きな人がよいリアクションをしてくれるのはうれしいことなのだけれど、暴走タイプの方は喜ばれると過激な行動に出てしまう傾向がありますからね。「そんなことしてくれなくても、好きだよ」と安心させてくれるような人を求めているのです。

5. とにかくすべて計画を立ててほしい

基本的に嫌いな食べ物も嫌いな場所もないけど、自分で計画を立てるのが苦手という方は、恋人にとにかくすべてのデートの計画を立ててもらうことを望むのです。文句も言うことはありませんから!
ですがこの行動を「興味関心がないつまらない人」だととらえ、イラッとする男性もいるので、そうとらえずに喜んで計画をねってくれる人と付き合いたいのです。