「俺、束縛しないし」と言っていたから安心して付き合ったのに、実際はかなりのソクバッキーだった……という経験がある女子もいるのでは?
付き合ってみないとわからない部分はありますが、できれば付き合う前にある程度どんな人なのかはわかっておきたいですよね?
そこで今回は、束縛の強い男子の特徴について紹介。もし今気になっている男子にことごとく当てはまるのなら、ちょっと要注意かも。

1. 自信のない心配性

自分に自信のない男子は、追われる恋愛ではなく追う恋愛になりがち。付き合っても「彼女に捨てられるのでは?」「ほかの男にとられたらどうしよう……」と常に心配になり、その心配を解消すべく彼女を束縛して、自分の元から離れないようにします。ですので、自分に自信のない心配性の男子と付き合うと束縛されてしまう可能性はあります。

2. ヒマな男

仕事に忙殺されている男子は、時間がないので彼女からきたLINEすら既読スルーしてしまうこともあります。逆にヒマな男は時間を持てあましているので、彼女ができると恋愛に没頭しがち。自然と彼女に依存したり、束縛したりしてしまい、重い男になりやすいタイプです。
忙しすぎる男子はあまりかまってくれないけど、ヒマな男と付き合うと束縛されたりちょっと面倒かも。

3. 連絡がマメすぎる

女子的には、連絡がマメな男子は好印象ですよね。ただ、連絡がマメすぎたり返信がやたら早い男子は要注意。束縛する人にとって、恋愛の中心は自分ではなく相手。相手に依存しがちな恋愛になりやすいです。
となると、ヤキモチを超えて相手が逃げないように束縛も強くなります。連絡が多い男子や返信が異様に早い男子は、常に相手とつながっていたい依存タイプかもしれないので危険かも。

4. 「秘密ごとはなし」主義

お互い秘密ごとはなし、というカップルもいますよね。一見素敵なカップルですが結局相手を心の底からは信用していない証拠です。相手のすべてを知りたいという気持ちが強くなると、相手が今どこにいるのかが気になって「今どこいるの? 写真送って」と連絡したり、誰と連絡をとっているか気になって勝手にスマホをのぞいたりして束縛に発展しやすいでしょう。
会話の流れなどで、恋人とは「秘密ごとなし」な主義とわかったら、束縛男の可能性も。

5. 同性の友だちが少ない

男友だちが少なく、異性の友だちばっかりな男子は危険かも。生活の環境上同性の友だちができにくいのならしょうがないのですが、同性もたくさんいる環境なのに同性の友だちが少ないということは、本人になにか問題がある可能性はあります。
そういう男子って、休日なども同性の友だちとそう遊ぶことがないし、相談する男友だちも少ないから、彼女ができれば彼女ばっかりになりがち。筆者の経験上、SNSの友だちが異性ばかりの男子は嫉妬深いです。