中国・北京の外務省で握手をする王毅外相(右)と韓国特使の李海●(おうへんに賛、イ・ヘチャン)氏(2017年5月18日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中国の王毅(Wang Yi)外相は18日、韓国に配備された米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」に暗に言及しつつ、良好な中韓関係のために「障害物」を取り除くよう韓国政府に求めた。

 王外相は韓国の文在寅(ムン・ジェイン、Moon Jae-In)大統領の特使として北京(Beijing)を訪れた李海●(おうへんに賛、イ・ヘチャン、Lee Hae-Chan)氏と会談し、中韓関係は数年の間に大きく進展したとしつつも、「今年はそれにふさわしくない妨げがみられた」と述べ、暗に、自国の軍事力を阻害しかねないなどとして中国が強く反発しているTHAADに関するとみられる話題に言及した。

 また王外相は「中国は、韓国の新政府がわれわれが直面している問題を解決し、2国間の友好な関係に至る道に置かれた障害物を取り除くための効果的な措置と姿勢を、できるだけ早急に取ることを期待する」と語った。
【翻訳編集】AFPBB News