イ・ハニ、恋人とのスキンシップについて語る「愛情表現は多ければ多いほど良い」

写真拡大

女優イ・ハニがスキンシップに対する考えを公開した。

17日午後、韓国で放送されたケーブルチャネルOn Style「Get it Beauty」でgugudan キム・セジョンは愛情表現もせずに、路上でのスキンシップもしないボーイフレンドのために胸を痛める女性のエピソードを紹介した。

これに対しイ・ハニは、「実際にスキンシップだけでなく、私は愛情表現は多ければ多いほど良いと考える」と告白した。

続いて「実例でgod パク・チュニョンがパフォーマンスして、すぐに降りてきて愛する奥さんに先に目を合わせて、強くハグした。その姿を見て、そんな強いハグを奥さんにしてあげられる温かさが、とても羨ましかった」と打ち明けた。