幸せいっぱいの同棲生活がスタート! したのもつかの間、お互いの常識の違いに困惑させられることがしばしばあります。自分にとっては何気ないことや当たり前のことであっても、ときに彼氏にとっては別れを決意するほど重大なことである可能性も。今回は、同棲直後に彼氏に幻滅されちゃう行動についてまとめてみました。

1. 洗面所の大量な抜け毛を放置する

家の掃除で一番気をつけたいのが水まわりの汚れ。トイレや洗面所の汚れは、不衛生で匂いのもととなります。また、髪の毛のお手入れやドライヤーを使ったあとに出る抜け毛はきちんと片付けて、ゴミ箱に捨てる習慣をつけることも大事。
一人暮らし歴が長いと、ついついあとまわしにしてしまいがちな片付けですが、洗面台に落ちている他人の抜け毛は自分が想像する以上に気持ちの悪いものです。

2. 全開の生理用ナプキンをゴミ箱に捨てる

同棲するということは、ゴミ箱も共有するということ。一人暮らしのクセで、ついつい使用済み生理用ナプキンをきちんと包まずにゴミ箱へポイッ! なんてすると、彼氏がゴミ箱を開けた瞬間に気絶してしまうかもしれないので要注意。

3. パジャマ姿に貫禄がありすぎる

同棲生活が始まると、ついつい楽なものを選んでしまいがちな家着。パジャマは上下スウェット、さらにお腹が冷えないようにトップスをボトムスにイン! まさにおばさんまっしぐらの貫禄度に、彼氏は内心ドン引きしている可能性があります。家着はおしゃれで快適なものを選ぶのが、カップル円満の秘訣かも!?

4. 部屋の散らかりレベルが不衛生

部屋に物が散乱しているだけならまだしも、ポテチのかけらが床に散らばっている・食べ残したものをテーブルの上に置きっ放し・飲みかけのペットボトルが数日間放置されているなど、衛生上に問題のある散らかし方は、完全にマナー違反。彼の心がすっかり冷めてしまう前に大掃除をオススメします!

5. トイレのあとに手を洗わない

自分では当たり前のことだと思い込んでいることが、次々とくつがえされ、同棲を始めると暴かれる常識の違い。世の中には、大小かまわずトイレのあとに手を洗わない人だって実在するんです! 毎日の手洗いは自分自身を清潔に保つだけでなく、同棲相手に対するマナーでもあります。彼氏とあなたがどんなに気を遣わない関係であっても、常に清潔感を保つことは基本ルール。

6. お米を洗剤で洗う

お料理に得意不得意はありますが、お米や野菜を洗剤で洗ってしまう非常識なレベルでは彼氏に幻滅されてしまう可能性大。お手伝いをせずに育ってきた環境が、一気にばれてしまいます。恥ずかしくて今さら誰にもきけないお料理の常識は、本やネットで知識を習得するのが◎。

7. 歯ブラシが常に汚い

意外とみられている歯ブラシの汚れ。歯ブラシの先がパサパサに広がっているレベルならまだ許容範囲ですが、歯ブラシに食べかすが挟まっていたり、持ち手部分についた歯磨き粉のあとは見るからに不衛生。1日3回歯磨きをした場合、歯ブラシの寿命は約1か月といわれています。衛生的なだけでなく、歯の健康を保つためにも歯ブラシは長くても2〜3か月使ったら交換するのが◎。