画像提供:マイナビニュース

写真拡大

サムスン電子ジャパンは、360度全天球カメラ「Galaxy Gear 360」の新モデルを、6月1日に国内発売する。約840万画素のCMOSセンサーとF値2.2のレンズを2つずつ搭載し、360度全方位をカバーした最大4,096×2,048ピクセルの4K高解像動画を撮影することが可能。価格はオープンで、推定市場価格は32,000円前後。

新しいGalaxy Gear 360は、約840万画素のCMOSセンサーとF値2.2のレンズを2つずつ搭載し、360度全方位をカバーした4K動画(最大4,096×2,048ピクセル)を撮影できるカメラ。静止画は最大5,472×2,736ピクセルに対応する。前モデルの球体型からスティックタイプのボディに変わり、より持ちやすくなっている。

Galaxyのスマートフォンや「Gear VR」、iOS 10以上のiPhoneと連携させることで、撮影した瞬間を360度リアルに追体験することが可能。対応のスマートフォンと連携すると、Facebook、YouTube、Samsung VRでの360度動画ライブ配信(1,920×960ピクセル)も可能になる。また、Windows PCやMacともリアルタイムでコンテンツ共有でき、360度動画の視聴や編集が行える。

コンパクトながら1,160mAhのバッテリーを搭載しており、2K(2,560×1,280ピクセル)/30fpsで約130分の録画が可能。記録メディアはmicroSDカードで、最大256GBをサポートしている。また、IPX3の防滴機能、IP5Xの防塵機能を備え、アウトドアの撮影でも安心して使用できる。

主な仕様については以下の通り。

カメラ: 約840万画素×2、F値2.2

ディスプレイ: 約0.5インチ PMOLED

バッテリー容量: 1,160mAh

動画: MP4(H.265)、最大4,096×2,048ピクセル(24fps)

静止画: JPEG、最大5,472×2,736ピクセル

外部ストレージ: microSDXC / microSDHC / microSD(最大256GB)

サイズ: W46.3×H100.6×D45.1mm

重量: 約130g