出典:https://www.shutterstock.com

お酒の力を借りれば、気になる彼ともっと親密になれると思いますよね。

お酒を飲むと良い意味でも悪い意味でも人が変わる人もいますので、できれば恋愛に発展する前に、一度は飲みに行っておくべきかもしれません。

ただ一つ問題なのが、気になる彼をどう飲みに誘うかということ。

彼が誘ってくれない限り、女性から誘うしかないのです。

そこで今回は、気になる彼を飲みに誘うテクニックをご紹介。

彼を誘って心の距離を縮めましょう。

 

■女性からの誘いは…ストレートが効果的!

女性から男性を誘う場合、ストレートな表現を避け、男性にはわかりにくい誘い方をする人が多いと感じます。

歪曲した誘い方も、勘の良い男性ならば気付いてくれるかもしれません。ただ、わかりにくい誘い方は、相手の受け止め方次第で、意図が全く違うものに聞こえる可能性もあります。

また、積極的でない男性の場合、仮に誘いだと気付いても、あえて自分からは誘いに乗ってくれません。

相手任せのわかりにくい誘いは避け、ストレートに誘った方が男性には効果的。

女性が理想とする上手な誘い方のできる男性が少ないのは、それが苦手な人が多いからです。

上手な表現で誘うのが苦手なのですから、上手な表現で誘われても、それを上手く理解できないのは仕方がありません。

飲み程度なら臆することなく、友達を誘うような調子で、気になる彼を飲みに誘ってみましょう。

また、飲みたい気分の時に、「ちょっと飲みに付き合ってよ!」と、ラフな感覚で誘うのもアリですよ。

 

■「私を○○に連れていって」作戦

スキーに連れていって欲しい時以外でも、連れていって作戦は使えますよ。

“飲み”に限定せず、彼との会話で飲食店の話になったら、すかさず「今度連れていってよ」とさりげなく誘ってみましょう。

同年代の相手や年下の女性だけが使えるテクではなく、年上や目上の女性があえて「連れていって」と誘うのもアリです。いや、そちらの方がより一層効果的だと思います。

ただ、筆者個人的には“連れていって作戦”は、意外と効果が薄いと感じています。それは、具体的な予定をその場で決めないからです。

例えば、年上や目上の女性が冗談でも「連れていって」と誘ったなら、目下の男性は一応セッティングないし、その予定を立てるかもしれません。その他、彼もあなたに気があれば、自ら具体的な予定を立てる話をしてくるでしょう。

ただ、彼があなたのことを気になる相手と思っていない場合、「いいよ」と、その場では角が立たないように返事をしてくれても、具体的な話をすることなく、スルーされるのがオチなのです。

冗談っぽく誘ったとしても、できればその場で、できなければ数日中に、具体的な予定を立てるのが成功のポイントです。

「連れていって」と誘ったからと言って、彼が手取り足取り全てをセッティングしてくれるとは限りません。誘った後の詰めをしっかり行って下さいね。

 

「女の子からは誘えないよー」なんて言っている余裕はありませんよ。

自ら道を切り開くか、誰かが開いてくれるのを待つか、チャンスを作るのも掴むのもあなた次第です。

飲みの誘い程度なら、簡単にサラッと誘った方が男性も乗りやすいです。

少し勇気を出し、今週末には彼と飲みに行けるよう、明日にでも彼を誘ってみてはいかがですか?

【画像】

※ Sergey Nivens/shutterstock

【関連記事】

※ 結婚がドンドン遠のく!アラサー女がやりがちな間違った婚活

※ 恋はご無沙汰…「こじらせ男子」のハートを撃ち抜く方法

※ 俺がいてあげなきゃ…!男に「守りたい」と思わせる女子の特徴

※ コレなら断られない!? 気になる男性を「デートに誘う」LINEテク

※ きっかけを作るのが大事!気になるカレをデートに誘う方法

※ うわ〜ん…ヤリ過ぎちゃった!? 男子がドン引きする「女のエロテク」3つ