総勢4500人のダンサーが ステージで優雅に踊る!

写真拡大

2016年は27万人以上を動員した東海最大級のハワイイベント、「JST ナゴヤハワイフェスティバル 2017」が2017年5月26日(金)から28日(日)まで開催。音楽やグルメ、アートなどで、名古屋・栄周辺の4会場がハワイアンムード一色に染まる。実力派ミュージシャンや、4500人のフラダンサーによるショーなど、圧巻のステージパフォーマンスにも注目したい!

【写真を見る】フラやタヒチアンなど、本場のポリネシアンダンスを披露するアリアナ・セイユ

■ 豪華アーティストが登場!!

栄周辺の4会場ではそれぞれ、本場ハワイで活躍するミュージシャンが多数登場する。5月27日(土)13:00からオアシス21、18:30からもちの木広場に登場する「アリアナ・セイユ」はその1人。ミスハワイに選ばれた美貌を持ち、本場のフラダンスを披露する。

ハワイアンミュージックに影響を受けた、日本人ミュージシャンも必見。ウクレレに音楽的ルーツを持つ「平井大」は5月26日(金)19:40からオアシス21で、ビーチカルチャーを押し出した楽曲で人気の「Juliet」は5月26日(金)19:20からオアシス21、27日(土)14:20からもちの木広場で会場を盛り上げる。

■ ハワイアングルメに大注目!

かき氷やレモネードなどのハワイアングルメも見逃せない。オアフ島ノースショアの超有名店「マツモト・シェイブ・アイス」のカラフルなかき氷、ハワイ発のレモネード専門店「ワウワウハワイアンレモネード」など、現地の人気店が出店。

そのほか、スーパーフードと呼ばれるアサイーが入ったアサイーボウル、ハワイアンフードの大定番のロコモコなど、多彩なハワイアングルメに目移りしそうだ!

■ ハワイアングッズやワークショップも必見

ショップコーナーでは、アロハな雰囲気の雑貨&ジュエリー、夏定番ファッションのTシャツ、フラダンスの衣装などを販売。現地を訪れた気分でショッピングが楽しめる。

古くからハワイに伝わる伝統的な癒しの技であるロミロミ、ウクレレ演奏、ハワイアン・クレイやレイの制作体験をはじめ、ワークショップの開催も。

さらに、ハワイを題材に創作活動を行うアーティストやフォトグラファーの作品も展示される。中でも、フォトグラファーAtsushi Sugimotoによる作品に注目したい。ハワイアンムード満点の会場の雰囲気を思う存分堪能しよう!【東海ウォーカー】