画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ハーマンインターナショナルは18日、オーストリアのオーディオブランド「AKG」より、Bluetooth対応のノイズキャンセリングヘッドホン「N60NC WIRELESS」を発表した。5月26日より発売する。価格はオープンで、公式通販サイトでの価格は32,880円(税別)。

N60NC WIRELESSは、ノイズキャンセリング機能を搭載するオンイヤーヘッドホン。「N60NC」の高音質を継承しつつ、Bluetooth 4.0によるワイヤレス接続に対応している。コーデックはSBC / AAC / aptXに対応。40mm径のダイナミックドライバーを搭載し、自然で伸びやかな中高域と、タイトで力強い低域を実現するという。

ノイズキャンセリング機能は、騒音集音用マイクをハウジング本体外側に配置するフィードフォワード方式と、鼓膜に近いドライバーユニット側に配置するフィードバック方式の両方を採用したハイブリッドタイプ。独自のキャンセリング信号回路と合わせて、優れた騒音低減率を達成する。

アーム部分にはレザー素材を使用。独自の「3D-Axis機構」により小さく折りたたむこともできる。本体にはリチウムイオン電池を内蔵し、Bluetooth接続+ノイズキャンセリング機能使用時で最大15時間の再生が可能。1ボタンリモコンとマイクを搭載した、4極プラグ対応の1.2mヘッドホンケーブルが付属し、電源オフ時にはワイヤードのヘッドホンとしても使用できる。

周波数特性: 10Hz〜22kHz

感度: 96dB (有線接続時)

インピーダンス: 32Ω (有線接続時)

Bluetooth: 4.0

対応コーデック: SBC、AAC、aptX

入力プラグ: 3.5mmステレオミニプラグ

重量: 199g

付属品: 専用キャリングポーチ、フライトアダプタ、充電用USBケーブル、ヘッドホンケーブル