画像提供:マイナビニュース

写真拡大

キヤノンマーケティングジャパンは、マクロレンズ「EF-S35mm F2.8 マクロ IS STM」の発売日を6月29日に決定した。発表当初は5月下旬の発売を予定していたが、生産上の都合により約1カ月のずれが生じた。キヤノンオンラインショップにおける販売価格は税別46,750円。

EF-S35mm F2.8 マクロ IS STMは、APS-Cサイズのセンサーを搭載したEOSシリーズに向けた「EF-Sレンズ」の新製品。焦点距離は35mm (35mm判換算では56mm相当)、絞り開放値はF2.8。先端部の左右にLEDライトを内蔵し、手ブレ補正機構「IS」を搭載している。最短撮影距離は0.13m。レンズ先端から被写体まで (ワーキングディスタンス) 30mmの近さに寄って、等倍の大きさで撮影できる。