“ランダムプレイダンス”から“セーラームーン愛嬌”まで…TWICEが「週刊アイドル」で見せた多様な魅力(動画あり)

写真拡大 (全2枚)

TWICEが爽やかな魅力で「週刊アイドル」を盛り上げた。新曲のステージを初めて披露し、さまざまな才能や魅力をアピールした。

TWICEは17日に韓国で放送されたMBC every1「週刊アイドル」 に出演した。この日は、TWICEが新曲発売前にステージを初めて公開する場だった。特有の愛らしい魅力でチョン・ヒョンドンとDefconnまで完璧に魅了した。

この日、TWICEは7ヶ月ぶりに帰ってきた「週刊アイドル」に素早く適応した。新曲「SIGNAL」を紹介しながら、パフォーマンスを初めて公開し、目をひいた。TWICEの愛らしさが表れたパフォーマンスだった。

新曲のパフォーマンス公開に続き、「週刊アイドル」の名物コーナー“ランダムプレイダンス”でも大きな笑いを誘った。新曲を含め「CHEER UP」「TT」「Knock Knock」までTWICEのヒット曲ステージを一気に見ることができた。ツウィとジョンヨンが誤ってピコピコハンマーの罰ゲームに当たったが、和やかな雰囲気の中でコーナーを続けていった。膝の手術以来、回復中のジヒョは微笑ましい表情でメンバーたちのステージを見守っていた。

特に、TWICEのダンスマシーンとして有名なモモが間違って、困惑した様子を見せた。モモは黒騎士(酒の席でゲームなどに負けて飲まなくてはいけない酒を代わりに飲んでくれる人のこと) を求むとして、ご飯をおごる、1日デートをするという公約を掲げ、笑いを誘った。これに対して、カメラ監督がモモの代わりにピコピコハンマーの罰ゲームを受けた。

続いた「鉄板上のアイドル」コーナーではさまざまなミッションが与えられた。TWICEのメンバーたちはセーラームーンに変身した。肉の試食をめぐって、「変身セーラームーン」愛嬌対決を繰り広げた。ノリノリのビーグル美(ビーグル犬のように活発でやんちゃな愛らしさがあること) の愛らしくて愛嬌たっぷりの魅力をアピールした。