イ・スンギ&シム・ウンギョン、2015年に撮影された主演映画「相性」カンヌで初公開

写真拡大

イ・スンギ&シム・ウンギョン主演映画「相性」(監督:ホン・チャンピョ) が第70回カンヌ国際映画祭のマーケットでベールを脱いだ。

「相性」は宮中で決められた結婚を拒否するソンファ翁主(朝鮮王朝時代の庶出の王女) と、それぞれ異なる四柱推命を持つ駙馬(ふば:王や貴人の婿) 候補たちの相性を占うために宮に入った最高の相性占い師、ソ・ドユンの波乱万丈な運命を描いた時代劇映画だ。
2015年12月にクランクアップした「相性」は、イ・スンギが入隊前最後に出演した作品。当初、昨年の節句シーズンの公開を目指したが、CJエンターテインメント内部のラインナップと競争作の公開時期など、さまざまな要因のため公開日が確定できない状態だった。
カンヌ国際映画祭のマーケットで公開された「相性」にはイ・スンギとシム・ウンギョンの初々しいビジュアルが収められており、二人が見せる甘いケミストリー(相手との相性)が期待を高めた。

第70回カンヌ国際映画祭は、5月28日まで開かれる。