新世代2機種発売 アマゾンのFireタブレット

写真拡大 (全3枚)

 バッテリー持続時間も、外部ストレージの容量も増える。アマゾンの新世代Fireタブレット 2機種、「Amazon Fire 7」と「Amazon Fire HD 8」(Amazon.co.jp)が6月7日に発売されるのに先立ち、予約受付がスタートした。

 Fire 7は、前世代機より軽量薄型化。7インチIPSディスプレイのピクセル形状が正方形に改善されたため、画像や文字も読みやすくなった。バッテリー持続時間も最大8時間に向上、内部ストレージ(8GBもしくは16GB)に加えて、別売のmicroSDカードで外部ストレージ容量を最大256GBまで拡張できるにようになった。本や映画、TV番組、音楽など、さまざまなコンテンツをダウンロードして、オフラインで楽しむこともできる。Fire HD 8も、最大12時間のバッテリー持続時間などの基本性能を踏襲しながら、外部ストレージ容量はやはり、最大256GBまで拡張できるにようになっている。

 気になる価格だが、Fire 7は8,980円(税込)から、Fire HD 8は11,980円(税込)から。Amazon プライム会員は、クーポンの利用で各製品4,000円引き。予約はAmazon.co.jpの www.amazon.co.jp/fire から。