神戸戦で負傷したL・シルバが手術を実施。復帰までは6〜8週間かかる見込みだ。写真:佐藤明(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 鹿島アントラーズは5月18日、同14日のJ1リーグ11節の神戸戦で負傷したレオ・シルバと遠藤康の検査結果について発表した。

 レオ・シルバは、左膝半月板損傷により、チームドクターの執刀による関節鏡視下半月板手術を行ない、全治約6〜8週間と診断された。

 一方の遠藤は、左大腿二頭筋筋損傷(左太もも肉離れ)により、全治約3〜4週間と診断された。

 鹿島は週末の19日(金)にリーグ12節の川崎戦を戦い、翌週23日(火)にはACLラウンド16、敵地での広州恒大戦を控える。その後もリーグ戦とACLの戦いが続く連戦となるだけに、主力ふたりの長期離脱は鹿島にとって大きな痛手だ。