ライブ写真はこちら

BugLug

BugLug 日本武道館「5+君=∞」

2017年5月7日@日本武道館


この日が来るのを、いったいどれだけ待ちわびたことだろう。BugLugの一聖(vo)が頭部を強打して重傷を負うという衝撃のニュースが飛び込んでから丸1年。自身の誕生日となる5月7日に一聖は、そして“5人のBugLug”はバンド念願の日本武道館で、こちらの想像を遥かに上回る完全復活を果たしてみせたのだ。


TEXT BY 清水素子

PHOTOGRAPHY BY 宮脇 進(PROGRESS-M)




闘う相手は誰かや何かではない。今を生きている自分自身だ!


不安と期待の入り混じったオーディエンスの心境を表すかのような心臓音が場内に鳴り響き、5人が登場して始まった1曲目は「R.I.P」。


“何回でも這い上がればいい”と闇からの始まりを歌い上げる一聖のボーカルは事故前よりも力強く朗々と響き渡り、大事故を超えて這い上がってきた彼自身の経験とシンクロして、聴く者の胸を大きく揺さぶる。


当然、オーディエンスは一気に沸騰。「KAIBUTSU」で大合唱とヘッドバンギングの嵐を巻き起こす彼らに、BugLugの始まりの曲である「-7-」を届けると一聖は語った。


「俺が入院したのはちょうど去年の5月7日。本当に死にかけてた。でもな、俺は今を生きている。これからも前を向いて生きるための闘いが始まる。闘う相手は誰かや何かではない。今を生きている自分自身だ!」



待っていた日常が戻ってきた


その言葉を証明するかのように「V.S」「THE DEAD MAN’S WALKING」と、いかなる困難にも立ち向かっていこうという決意を歌い上げる一聖に、楽器隊も喜びを爆発させて左右に伸びる花道の先まで奔放にパフォーマンス。この5人で作った最初の曲「SHOW 2 GLOW」で優(g)が“隣で笑っていてね”と一聖に歌いかけられ、続いて一樹(g)と共にギターソロを鳴らす流れには、待っていた日常が戻ってきたのだと思わず胸が熱くなる。


壮大ドラマチックな「芸術的思想家の片鱗」や愛しい人へ想いの丈を訴える「Live to Love」でシリアスに、ヘンテコな振りが楽しい「迷子CH」や「猿」ではコミカルにBugLugの振り幅を見せながら、一聖は「俺、超元気! 今、なんでもできると思う!」と破顔。彼ら独自の“真面目にふざける”スタンスが健在であることを見せつけて、BugLugの十八番でもある激しさ満点のブロックへと雪崩れ込めば、さらに5人の持つバンド力が全開になる。


「骨」では将海(ds)の高速ビートに燕(b)の叩きつけるような豪快なプレイ、加えてギター隊の速弾きと目くるめくサウンドマジックで場内を魅了して、一聖を欠いたこの1年の間も歩みを止めることなく4人が進化し続けていたことを証明。そこに壮絶な経験を潜り抜けてきた一聖が加わることで、“自分自身と絶交して新しい世界に行こう”という本編ラスト曲「絶交悦楽論」のメッセージが強烈に胸に突き刺さってくる。MCで優は「この1年間は本当につらかった」と語ったが、そんな最大のピンチを彼らは最高のチャンスに見事変えてみせたのだ。



タイムマシンがあれば……戻れるのか?


アンコールで表されたのは、待ってくれていた人たちへの感謝。「とことん遊ぼうぜ!」と贈られた「ASOVIVA」では“あなたにとってBugLugとは?”というテーマで募集した写真が次々モニターに映し出され、キュートな「Clumsy Love」では最後に一聖が「愛してるよ」と告げる。この部分は歌詞カードでも空欄になっており、言葉にされたのはこの日が初めてということからも、このライブが持つ意味の大きさは明らかだろう。


「1年少し前に戻ることができたら、あんな深い傷を背負うことにならなかったかもしれない。元気に生きていた1年前に戻りたいって何度も何度も思ったけど、当然過去には戻れない! タイムマシンがあれば……戻れるのか?」


そう一聖が前置き、童話でも読み聞かせるかのように穏やかに歌い始めたのは「TIME MACHINE」。“当たり前が当たり前でなくなる、そんな事は今じゃ当たり前だから怖くはないんだ”という歌詞が、こんなに真に迫る日が来るとは果たして誰が想像しただろう? そこから「タイムマシンなんていらない! 夢が、まだたくさんある!」と続けた「Dream Rush」では、この1年で鍛えられた将海の歌声が一聖と美しいハーモニーを奏で、“夢は夢で終わらせない”と「おわりのないうた。」を届ける珠玉のクライマックスに、オーディエンスも泣き笑いに。



一聖(vo)


一樹(g)


優(g)


燕(b)


将海(ds)

最悪の出来事すらも最高のエネルギーに変換


そんな客席に「みんなとの絆があるからこそ、今日のライブが出来上がった。だからこそ言いたい! お前らも全員、輝いてくれ! 泣いた顔でさえ笑顔にしたいんだ!」と一聖は「HICCHAKA×MECCHAKA」を贈り、全員で“最高だ!”と大合唱してライブを締めくくる。そう。まさしく武道館という夢の舞台で5人が見せてくれた現実は、紛れもなく最高のものだった。


最悪の出来事すらも最高のエネルギーに変換した今のBugLugはもはや無敵。終演後には8月のニューシングル発売と47都道府県ツアー等、今後の予定も一挙に発表されてファンを狂喜させた。再び動き出したBugLugが見せていくあらたな命に、期待は膨らむばかりである。



SETLIST


SE.5+君=∞

01.R.I.P

02.KAIBUTSU

03.-7-

04.V.S

05.THE DEAD MAN’S WALKING

06.SHOW 2 GLOW

07.芸術的思想家の片鱗

08.Live to Love

09.迷子CH

10.猿

11.WGMM

12.骨

13.BUKIMI

14.ギロチン

15.絶交悦楽論

[ENCORE]

01.ASOVIVA

02.Clumsy Love

03.TIME MACHINE

04.Dream Rush

05.おわりのないうた。

06.HICCHAKA×MECCHAKA



ライブ情報


BugLug 89の日フリーワンマンライブ「自由〜ASOVIVA〜区域 Revenge」

08/09(水)東京・代々木公園野外ステージ


BugLug 47都道府県TOUR「RESTART WITH A NEW LIFE」

詳細はこちら



プロフィール


バグラグ/一聖(vo)、一樹(g)、優(g)、燕(b)、将海(ds)。2010年3月6日始動。“希望”をテーマにメッセージ性の強い歌詞、バラエティに富んだ楽曲、熱いライブで人気を博している。


オフィシャルサイト



リリース情報


2017.08.09 ON SALE

SINGLE「タイトル未定」


2017.09.06 ON SALE

DVD『5+君=∞』