探偵歴10年以上、浮気調査に定評があるリッツ横浜探偵社・山村佳子が目撃した、男と女の浮気事情をご紹介。

パートナーがいる男女の恋愛の詳細について、多くは語られないものです。気になるその詳細を美人探偵・山村佳子がその事件簿から解説します! 

浮気がバレた後の夫婦関係、浮気調査のポイントはどこなのかも解説します。

☆☆☆

今回の依頼者は、東京都町田市のマンションに住む、小倉美紗さん(35歳・派遣社員)。最初のカウンセリングの日には、“いかにもママ”という雰囲気で、お子さんがいるのかと思いましたが、いらっしゃいませんでした。

この日のファッションは、洗いざらしのボーダーのボートネックTシャツに、高価そうなデニムをはいていて、足元はヴィンテージスニーカー。ヘアスタイルはアップにしていましたが、さりげなく毛先が巻かれていて、女性らしさを演出。ナチュラルな雰囲気だけれど、ほのかに色気があり、美紗さん自身がモテそうだな……という印象を受けました。

美紗さんが結婚したのは3年前。旦那様は当時勤務していた生命保険会社の先輩で、バツイチだったといいます。

「夫は5つ上の40歳で、そんなにイケメンじゃないのですが、ものすごくモテます。まあ、生命保険なんて、“人たらし”じゃないと生き残っていけませんから。彼は仕事もできるので、給料も高額で年収も1000万円超えているんですよね。そういう人の常で、記録をつけるのが好きで、恋愛関係になった女性について、細かく大学ノートに書いているんです」

旦那様が女性関連の記録をつけた大学ノートを見つけたのは、2か月前だったとか。

「今住んでいる賃貸マンションが3LDKで、そのうちの一部屋を彼の趣味部屋にしているのですが、私が実家に1泊して帰って来た朝、夫の部屋に入ったらB5サイズの大学ノートが机の上に置いてあったんです。表紙には『MY戦略会議 10』とマジックで書いてあり、変だな……と思って、中を見たら、女性とデートした内容から“達成”……つまり、どういう行動ロジックを辿って、恋愛関係になれる可能性が高まったかなどの考察が書いてあり、結婚してもこの“一人戦略会議”が行なわれていたようなんです」

ノートの内容は、デートでカウンターかテーブルか、どのタイミングで肩をポンポンすればいいか、女性の視線を外さないための会話のコツ、着ている服選び、店の席など、とにかく細かく書いてあったとか。

「ショックだったのは、人妻になった元カノと、私達夫婦の行きつけのレストランに行っていたことなんです。他の女性は“達成”で関係を終了させることが多いのに、彼女に対しては、“彼女を夫から奪い去りたい、朝の光が訪れる前に……”とポエムな内容が書かれており、体中の血液が逆流しました。もうこんなのは許せないと思い、夫の両親と夫を呼び出し、私は友人の弁護士を呼んで話し合うことにしました」

その話し合いでは、異性とふたりで飲みに行くことを禁止し、破った場合は違約金を妻に支払う、という取り決めがなされたそうです。

「夫は自分の父親が怖いからしおらしくしていましたが、みんなが帰った後、私に対してブチ切れ。“元カノに癒しを求めたのはそもそもお前がバカだからだ”とディスってきやがったんですよ。私も“そんな甘ったれたこと言ってんじゃねーよ。いつまでも人のせいにしているから、お前はダメなんだよ”と大ゲンカになってしまい……」

結局、これを機に、夫は美紗さんに対して生活費を払わなくなった

「私、派遣社員をしているから、月に13万円しか収入がなくて。マンションは夫の両親が買ってくれたから家賃を払わなくてもいいのですが、浮気をしたのは、夫の方なのに、私ばかりがみじめな思いをするのは許せない。夫側の両親に“あんたの息子はバカでケチ。こんなんじゃ子供も産めない”と直訴に言ったら、“あなたがキツいから……女は3歩下がってついていくものよ”とお義母さんから言われてしまって。そんなこと言ったって、あんなに強烈なノートの内容を見てしまったら、呑気な顔をしていられません」

しかも、旦那様は結婚前に、美紗さんの実家に200万円の借金をしていて、それをまだ返済していないと言います。

「収入があっても、出ていくお金が多いから、お金が貯まらないんですよね。後輩と飲食店に行くとおごっちゃうし、男の武器だとか言って、100万円以上の腕時計をボーナスで買っちゃったり。そういうことを、自分の実家に言えないから、私の親に借金したんですよ。それも知らずに、私が悪いみたいに言って。私のママに言ったら、“探偵の調査費用は出してあげるから、あのバカ男を黙らせる証拠をそろえましょ”と言ってくれたんです」

女性との恋愛が好きな男性の中には、エクセルで恋愛関係になった女性を記録している人もいるという。

※本連載はプライバシーに配慮し、体験内容を変えない程度に一部書き換えています。

恋愛関係を強烈な言い訳で正当化する見栄っ張り夫、妻が浮気相手に下した制裁とは……〜その2〜に続きます