写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 [J2リーグ14節]名古屋2-1町田/5月17日/パロ瑞穂

「やっとやってくれましたよ、アイツが」
 
 田口泰士が嬉しそうな顔をして言う。「お前、今日は結果出せよ!って言ってもいたんです」とも。
 
 アイツ、あるいはお前、とは杉森考起のことである。高校2年生にして名古屋とプロ契約を結んだ“名古屋の至宝”は20歳を迎えた今季、風間八宏監督によって継続起用されてきたが、ここまで9試合出場でわずか418分の出場に留まってきた。
 
 7試合のスタメンで5試合に満たない出場時間が意味するものは、早い時間での途中交代の多さだ。これまで主に務めてきたウイングバックというポジションへの順応もまずまずだっただけに、課題はやはり決定的な仕事ができずにいた部分に尽きる。
 
 その意味では本来前線のアタッカーである杉森が、2トップの一角として起用された町田戦は、彼にとってはかなりの重要性を秘めた試合でもあった。慣れないポジションで輝けないならば、本職ではどうなのか。そうした厳しい見方をされてもおかしくない状況だったからだ。
 
 だが、彼はやってのけた。立ち上がりの悪さという課題を克服したチームが次に直面していた「そこから得点が生まれない」という難題に、たった10分で答を出してみせたのである。
 
 キックオフから良いボールタッチを見せていた杉森は、「『ポジションは関係ない』と言われますけど、そうは言ってもFWだったので、裏に抜ける意識は高く持ちました」と積極的に最終ラインの背後でボールを引き出す動きを繰り返した。
 
 相棒のシモビッチがポストプレーを得意とするタイプだったため、前線に異なるボールの収まりどころができたことで攻撃は活性化。前半10分に生まれた玉田圭司のゴールは、シンプルな壁パスから杉森が左サイドを突破して折り返したグラウンダーのクロスがそのアシストパスだった。
 
「オレは本当に触るだけだったからね。考起を褒めてあげてよ」。普段から杉森に目をかけている玉田はかわいい後輩の活躍に目を細めた。押し込まれる時間帯もあったが概ね支配した試合を振り返っても、「考起が引っ張ってくれたところがあると思っている。アイツが裏に出てくれて、攻撃の幅を広げてくれた」と大絶賛だ。
 後半にはシモビッチが折り返したボールをDFがかき出したところに走り込んでシュートを放ったが、惜しくもサイドネットの外側に突き刺さって名古屋でのプロ初ゴールはならず。しかし「憧れのタマさんにアシストできてよかったです。このアシストは自信になりますね。タマさんに感謝です」と十分すぎるほどの手応えを感じた様子だ。
 
 試合は76分に一度は町田に追いつかれ、そこで杉森の出番は終了。最後は玉田に代わって出場した杉本竜士の突破をシモビッチが押し込み、土壇場での勝点3をチームは手にしている。それも杉森のアシストあっての展開であり、彼の活躍が色褪せることはない。
 
「ああやってプレーすることで、自信を持つと相手の脅威になってくれる」とは、玉田の言葉。それを知ってか知らずか、杉森は若さ全開でこう話す。
 
「次はゴールですね」
 
 その才能ばかりを称賛され続けてきた逸材は、プロ4年目にしてようやく覚醒へのステップを登り始めた。
 
取材・文:今井雄一朗(フリーライター)