思わず故人に手を合わせたくなる

写真拡大

線香・ろうそくを取り扱う丸叶むらた(埼玉県桶川市)は、「沢山のおはなし」を発売した。

浮き出る言葉は16種類

仏事が廃れがちになっていることに危機感を覚え、少しでも前向きに供えられておしゃれな和風雑貨にもなるような線香を、というコンセプトで開発。火をつけると、「元気を出して」や「いつもありがとう」など心を元気にしてくれる「ポジティブワード」が浮き出てくる。

16本入りで、それぞれに異なる言葉が浮かび上がる。ご先祖さまや大好きだった人と、会話を楽しむように使うことができるほか、火をつけるまでどの言葉が出てくるのかわからないので、占い感覚でも楽しめるという。

天国に想いを届ける爽やかなしゃぼんの香り。甘い香りは「線香臭さ」に抵抗を持つ若い世代にも受け入れられやすく、煙が少ないため一人暮らしの狭い部屋でも使いやすい。プレゼントにもおすすめだ。

浮き出る言葉は定期的に変える予定で、同社ホームページでは元気の出る言葉を募集している。

価格は1296円(税込)。