KUSHIDA(下)はデスペラードの拷問技に悲鳴を上げた

写真拡大

 新日本プロレス「ベスト・オブ・ザ・スーパージュニア」が17日、後楽園ホールで開幕した。Bブロックで前王者のKUSHIDA(34)はゴング前にエル・デスペラード(年齢非公表)の奇襲を受けたが、雪崩式の飛びつき腕ひしぎ十字固めなど多彩な関節技で主導権を奪い返す。一時はホバーボードロックを完璧に決めたが、直前に交錯して倒れてしまったレフェリーがチェックできず勝機を逸してしまう。

 さらには保持しているROH世界TV王座のベルトをリング上に持ち込まれると、ベルト上へのダブルアーム式フェースバスターを浴びてKUSHIDAは再び窮地に。直後のギターラ・デ・アンヘルで3カウントを奪われてしまった。

 今回のリーグ戦に再起をかけていた前ジュニア王者は、いきなりの敗戦に「やっちまった…。勝てねえなあ、開幕戦。これで終わりじゃないでしょ」とつぶやくのがやっと。昨年まではジュニア最強の座をほしいままにしていたKUSHIDAだが、トンネルの出口はまだ見えてこない。