史上最高齢の新幕下昇進を果たした駿馬(写真:時事通信フォト)

写真拡大

 相撲ブームが沸騰している。そこで、「謎のスー女」こと尾崎しのぶ氏が相撲コラムを執筆。今回は小兵力士・駿馬(しゅんば)の「恋ダンス」について紹介する。

 * * *
 二〇一〇年の五月場所。国技館前を車椅子がゆっくりと進んでいた。よく見ると間垣親方だった。脳梗塞により左半身が不自由になったことは知っていた。現役時代には「美剣士」「五月人形」とたたえられた若三杉、二代目・若乃花の間垣親方。五月人形だって、三十年も経てばひびが入ることもある。

 すれちがう瞬間、おどろいた。正面からは間垣親方の姿しか見えなかったのに、車椅子を押している力士がいた(そりゃそうだ)。力士名鑑で間垣部屋の小柄な力士をさがす。ギュッと結んだ口に責任感がありそうで「たぶんこの人だ」と思った。百六十九センチの駿馬。名鑑には出身校が記される欄があるのだが「飯田高―杏林大/相撲部なし」と書いてある。相撲部なし?

 駿馬は小学校から高校まで相撲部に在籍していたものの、新弟子基準の百七十三センチに及ばない、と相撲から離れた。杏林大学では中国語を修め、江蘇省の日本語学校の教師に内定もしていた。しかし二〇〇一年より第二新弟子検査が実施され、百六十七センチに基準が引き下げられて間垣部屋に入門。中国から若勝獅が入門してくると通訳を買ってでている。

 相撲協会には外国出身者は一部屋に一人という規定があるのだが、間垣部屋ではロシア出身の若ノ鵬が大麻所持で逮捕・解雇され、その後入門した中国出身の若勝獅もやめてしまった。そこに、入門を希望しモンゴルから来日したが受け入れられる部屋がなくいったん帰国、再来日して鳥取城北高校に留学していたガントルガ・ガンエルデネが二〇一〇年に入門。四股名は若三勝、のちの大関・照ノ富士の誕生である。

 親方の体調の悪化と経営難から間垣部屋は閉鎖され、駿馬と若三勝、呼び出し勝尚(現・照矢)は伊勢ケ濱部屋に移籍する。間垣部屋の最終期はちゃんこも満足に食べられなかったという。しかし、若三勝が出世したから言えることではあるが、間垣部屋への入門は悪いことばかりではなかった。

 間垣部屋の外国人枠がなければ力士になれなかったし、伊勢ケ濱部屋に吸収されて日馬富士のシャープな相撲、安美錦の器用さを学んだ。横綱・日馬富士をして「前みつをつかんだら絶対に負けない、勝負が終わったと思わせる。あこがれの相撲」と言わしめた元幕内・安壮富士の杉野森清寿コーチ(安美錦の兄)の指導もある(日馬富士は、安壮富士と青馬の相撲を足して二で割ったのが自分の相撲だという)。

 日馬富士と安美錦だけでなく宝富士や誉富士(今後暴れん坊になるかもしれない照強も)など、タイプの違う力士との稽古はふんだんにでき、しかも対戦は組まれない。そしてなにより、駿馬という無二の兄弟子との出会い。新弟子時代には駿馬の胸で相撲の基礎を覚えた。

 強くなった今は取組に勝って駿馬の胸に飛び込む。日馬富士の援護射撃により初優勝、大関昇進も確定した二〇一五年五月場所千秋楽。支度部屋の隅で駿馬、照矢と抱き合って泣いた、という記事にはもらい泣きしてしまった。

 今年二月のNHK福祉大相撲での余興で、星野源『恋』を歌ったときには、すぐ横で恋ダンスを踊る駿馬をたのもしげに見つめ「幸せすぎてどうにかなっちゃいそう」といった表情を浮かべていた。それにしてもこのときの駿馬の恋ダンスのキレの良さを見て私は、この力士が前二場所の好調そのままに春場所も突き進むことを確信していた。

 駿馬は今年三月場所で三十五歳二か月、相撲史上最高齢の新幕下昇進。元気いっぱいに六勝一敗。付き人の活躍に照ノ富士も「置いて行かれないぞ」と力をもらい、九場所ぶりの二桁、十三勝を果たし、稀勢の里と優勝を争った。

 ところで不思議なことがある。二〇一〇年の名鑑には「身長百六十九センチ」とある駿馬が、今年の名鑑には「百六十三センチ」となっている。六センチも縮むほど稽古を重ねたのか、この五月場所は東幕下五十一枚目から東幕下二十二枚目への大躍進。三十五歳、自己最高位更新中である。

※週刊ポスト2017年5月26日号