北朝鮮国営高麗航空の中国遼寧省丹東と平壌を結ぶチャーター便の運航が1カ月で停止となった。

写真拡大

2017年5月17日、北朝鮮国営高麗航空の中国遼寧省丹東と平壌を結ぶチャーター便の運航が1カ月で停止となった。韓国KBSワールドラジオが伝えた。

乗客が集まらなかったことが大きな理由で、高麗航空は当初計画していた中型旅客機の代わりに70席規模の小型機に代えたが、それでも半分程度しか埋まらなかった。

運航許可期間は今月末までだったが、中国側が前倒しで許可を取り消したことから、集客不振に加え、北朝鮮に対する中国の圧力が作用した可能性もあるとの見方が出ている。(翻訳・編集/柳川)