U-19代表選出された磐田MF針谷

写真拡大

 日本サッカー協会(JFA)は18日、第45回トゥーロン国際大会2017を戦うU-19日本代表メンバーを発表した。同代表は5月25日から6月12日にかけて、フランス遠征を行う予定。

 今月に大阪で行われたU-20日本代表候補合宿に招集されたメンバーを中心として、それ以外ではジュビロ磐田のMF針谷岳晃やベガルタ仙台のMF佐々木匠(仙台)らが招集。また青森山田高から順天堂大へ進んだSB三国スティビアエブスが初の代表選出されている。

 トゥーロン国際大会では日本はイングランド、アンゴラ、キューバと同じA組。各組1位3チームと各組2位のなかから成績上位1チームの計4チームが準決勝へ進むことができる。

メンバーは以下のとおり

■スタッフ

団長:大平正軌

監督:影山雅永

コーチ:秋葉忠宏

GKコーチ:土肥洋一

総務:杉山友朗

■選手

▽GK

1 大迫敬介(広島ユース)

12 沖悠哉(鹿島ユース)

▽DF

2 中川創(柏U-18)

3 田中康介(立命館大)

4 橋岡大樹(浦和ユース)

5 杉山弾斗(市立船橋高)

6 立田悠悟(清水)

15 麻田将吾(京都)

20 三国スティビアエブス(順天堂大)

▽MF

7 針谷岳晃(磐田)

8 田中陸(柏U-18)

10 住永翔(明治大)

13 吉尾海夏(横浜FM)

14 金子大毅(神奈川大)

16 伊藤洋輝(磐田U-18)

17 佐々木匠(仙台)

▽FW

9 安部裕葵(鹿島)

11 小松蓮(産業能率大)

18 安藤瑞季(長崎総合科学大附高)

19 黒川淳史(大宮)