観光客でにぎわう旧王宮の景福宮(資料写真)=18日、ソウル(聯合ニュース)

写真拡大

【ソウル聯合ニュース】ソウル市は18日、日本や中国、東南アジアなど10カ国・地域の旅行会社を招待する「ファムツアー」を開催すると伝えた。

 同市は19日、ツアーに参加する日本の旅行会社5社や東南アジアの8社と、情報共有や共同マーケティング、体験型ツアー開発などに関する業務提携を結ぶ。20日には朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長との懇談会を行い、ソウル観光活性化に向け意見交換する。
 参加者は、1970年開通の自動車専用の高架道路を改修したソウル駅前の歩行者専用路「ソウル路7017」の開通式にも出席する。来年2月に開催される平昌冬季五輪の広報館や、人気の韓国ドラマ「鬼(トッケビ)」(原題)の撮影地なども訪問する。
 ツアーには日本、中国、台湾、フィリピン、タイなどから55人が参加する。
ikasumi@yna.co.kr