画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ロジクールは5月18日、同社初となる一般向けメカニカルキーボード「ロジクール メカニカル キーボードK840」を発表した。ゲーム向けモデルの技術や機能を応用し、生産性と精度の向上を実現するという。6月1日に同社オンラインストアや取扱店で発売する。オンラインストアでの価格は税別9,250円。

表面処理を施したアルミを天板に採用することで、高い耐摩耗性と耐久性を備える。また、一般的なメカニカルキーと比較して、最大25%高速なキー入力を可能とする独自のメカニカルキー「ROMER-G メカニカルキー」を搭載。正確なキー入力や静かな打鍵感、交代急性を実現するという。

さらに、Nキーロールオーバーやプログラム可能な F1〜F4キー、Winロック機能、メディアキーとショートカットキーといったゲーム向け製品で培った技術や機能を盛り込む。最大26個までのキー同時押しをサポートする。このほか、キーボードの角度調節が可能な「ティルトレッグ」機能により、長時間のタイピングにおける疲れを軽減するとしている。

108キー日本語レイアウトを採用し、キーピッチは19mm、キーストロークは3mm、押下圧は45±20g。インタフェースはUSBで、ケーブル長は1.8m。本体サイズはW445×D132×H34.3mm、重量は910g。対応OSはWindows 7 / 8 / 8.1 / 10。