仏コルシカ島コティシアバーリのマーレエソル海岸で、浜辺でくつろぐ牛たちの写真を撮る行楽客(2017年5月17日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】地中海に浮かぶフランスのコルシカ(Corsica)島のビーチで、行楽客の目の前でのんびりくつろぐ野生の牛たちが人気を集めている。

 島南西部の町コティシアバーリ(Coti-Chiavari)のマーレエソル(Mare e Sol)海岸では、毎年夏になると30頭余りの野生の牛の群れがやって来るのが風物詩となっている。浜辺には「注意:野生の動物です。危険、近づくな」と記された看板も立っている。
【翻訳編集】AFPBB News