日本では聞いたことがないプロテニスの国際試合で日本人選手が八百長、賭博に関与し永久追放された。

テニスの不正監視団体TIUが16日(2017年5月)、八百長行為やスポーツ賭博を行っていたとして三橋淳・元選手(27)をプロテニス界から永久追放し、罰金5万ドル(約560万円)の処分を決めた。

三橋・元選手は、イギリス出身の帰国子女で、中学3年の時に中学校全国大会の男子シングルスで優勝、2005年にはジュニア国別対抗戦のダブルスで、錦織圭選手と組み出場したこともある。

TIUによると、八百長の舞台になったのは2015年11月の南アフリカの下部ツアー大会。三橋・元選手は、自身がコーチを務めたことがある南アフリカのチェティ選手(20)を通じて対戦相手にわざと負けるように持ち掛けた。

その際に三橋・元選手が提示した金額はシングルス2000ドル(約22万円)、ダブルス600ドル(約7万円)だったが、相手選手がこれを拒否しTIU に通告した。この件でチェティ選手は昨年9月、永久追放処分を受けている。

さらに三橋・元選手はこの年の12月、ナイジェリアの大会で今度は直接、出場選手に八百長を持ち掛けた。このほか2015年10月~11月までの間にテニスの公式戦で76回も賭博行為を行っていた。

2014年まで登録選手

TIUでは、これらの行為に加え三橋・元選手がTIUの調査に協力しなかったとして、永久追放と罰金5万ドルの処分を決めたという。

日本テニス協会によると、「2014年まで登録選手だったが、それ以降は活動しておらず現役から退いている」と話している。また国際テニス連盟HPには、2014年12月以降、公式戦に出場した記録はない。

司会の加藤浩次は「日本選手がこういうことに加担ことでびっくりした人も多いと思う。ただヨーロッパだとプロスポーツは賭けの対象になっているので、どうしてもこういうのが出てくる」と嘆いた。