「推理の女王」クォン・サンウ&チェ・ガンヒ、連続殺人犯を捕まえる

写真拡大

※この記事にはドラマのストーリーに関する内容が含まれています。
テープ連続殺人犯が逮捕された。

17日、韓国で放送されたKBS「推理の女王」では、テープで女性を殺害する殺人犯を追うウ警官(パク・ビョンウン) 、ワンスン(クォン・サンウ)、ソルオク(チェ・ガンヒ) の姿が描かれた。

最後の瞬間、ウ警官は殺人犯に銃を向け、数年前に自身の同僚を死に追いやった犯人を憎悪の目で見つめる。

この時、ワンスンが現れてウ警官に「本当に殺す気か」と銃を奪い、殺人犯を負傷させる。最終的にワンスンが殺人犯を逮捕し、事件が一段落した。