サイズは1/4でも中身はフルスケール+α 各種ギミックも再現

写真拡大

「星のカービィ」シリーズなどゲーム開発を手がけるハル研究所(東京都千代田区)は、1979年にシャープが発売したパソコン「MZ-80C」を手のひらサイズで再現した「PasocomMini(パソコンミニ) MZ-80C」を、2017年10月中旬に数量限定で発売するのに先だち、6月1日に予約受付を始める。

「SmileBASIC」搭載、ゲームソフト3本を実装予定

1/4サイズながら、実機に備わっていた開閉機構を再現。モニターフードを外して画面シートを交換すれば様々なシーンを演出できるほか、カセットデッキを開閉し、付属のカセットテープを入れ替えできるギミックを搭載する。

また、スマイルブーム製のプログラミング言語「SmileBASIC」を搭載。キーボードなどUSB-HIDクラス機器を接続できるほか、GPIO(汎用I/O)ポートへのアクセスも手軽に行える。電源はモバイルバッテリーでも動作可能なmicroUSB接続。HDMIでテレビにつないで楽しめる。

「MZ-80」シリーズのハードウェアエミュレーション機能を組み込み、当時のパソコン雑誌に掲載されていた数々のマシン語プログラムを実行できる。「SmileBASIC」上からエミュレーターをコントロールでき、プロセッサーの実行停止やトレース実行、ブレークポイント設定、メモリーへの読み書きなどの操作が可能だ。

なお、購入後すぐに遊べるよう、当時人気の高かったゲームソフト3本を実装予定(タイトルは今後発表)だという。

価格は1万9800円(税別)。