棚橋弘至

写真拡大

 新日本プロレスは18日、棚橋弘至(40)が米国遠征での試合中に右腕を負傷し帰国後、都内の病院で検査を行った結果、「右上腕二頭筋腱遠位断裂」と判明しドクターストップにより今シリーズを全休することを発表した。

 棚橋は「鉄拳7 Presents BEST OF THE SUPER Jr.24」の18日の後楽園ホール大会から28日の群馬・ニューサンピア高崎大会の9試合を欠場。各大会へ代わりに小島聡(46)が出場する。

 新日本プロレスによると棚橋は、6月9日の後楽園ホール大会より復帰し6月11日の大阪城ホール大会へは出場を予定している。