画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Googleは、動画配信サービス「YouTube」の360度動画が、TV向けYouTubeアプリでの再生に対応したと発表した。Googleの開発者カンファレンス「Google I/O 2017」の基調講演で明かされた。従来、スマートフォン向けやDaydreamなどVR環境のYouTubeアプリでは再生可能だったが、TV向けYouTubeアプリには対応していなかった。雄大な自然の景色やコンサートを観賞するのに適するとしている。

また、2017年2月から開始している、YouTubeクリエイターへの支援機能「Super Chat」の"インタラクティブ"な新しいAPIも公開。このAPIを使うと、視聴者がSuper Chatを購入することで、配信者のスタジオのライトをオン/オフしたり、スタジオ内にドローンを飛ばしたりと、実際の物理システムと連動させることができる。

Super Chatは、配信者へのコメント時に有料で自分のメッセージを目立たせることができる機能。日本では、1日あたりサイト全体で100円から50,000円の範囲内でSuper Chatを購入できる。購入すると、コメントに色をつけたり、コメントできる最大文字数を拡張したり、固定表示したりできる。