オフショルトップスは「強そう」!? 実は“男ウケが悪い”女性のファッション

写真拡大

季節などによって目まぐるしく変わっていく女性の流行ファッション。
女性ならば旬のファッションを取り入れたいと思うのは当然ですよね。
しかし、女性が良いと思っているそのファッションも、男性からすると「それはちょっと…」と思われてしまっているかもしれません。

ここでは、実は男性ウケの悪い女性のファッションについて紹介していきたいと思います。

●(1)チュニック

ふわっとした素材で着やすいうえに、体型もカバーできるチュニック。
まさに女性の味方ともいえるでしょう。
しかし、男性からはマイナスな意見がちらほらと見受けられます。

●妊婦さんみたい

『妊婦さん感がすごい。さり気ない色気があるファッションが好きなので、デートに着てこられたらちょっとイヤかも……』(32歳/商社)

体のラインがくっきりとしないタイプのため、体型を隠すにはもってこいですが、それがかえって太めのシルエットになってしまう原因となりがちです。
中でも、胸の大きな女性が着てしまうと、ウエストでの切り替えがないために、お腹まで出ているように見えてしまいます。
女性は体型隠しのつもりでも、男性には「もっと体のラインを見せた方がキレイなのに…」と思われていますよ。

●おばさんっぽい

『自分の母がチュニックに七分丈のスパッツみたいなやつをよく着てるので……』(25歳/飲食)

チュニック×七分丈パンツ=おばさんの定番ファッション、というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか?
コーディネートの仕方によってはおばさん感が出てしまい、一緒にいる男性は恥ずかしい思いをしている に違いありません。

●(2)シースルー

シースルーはその透け感から、女性らしさや色っぽさを醸し出せるため、女性には人気のアイテムですよね。
男性を魅了したいからこそ、シースルーを着てセクシーアピールをする女性も多いことでしょう。
しかし、それは上品に着こなせているからこそのプラスイメージではないでしょうか?

着こなし方によっては、あまり良い印象を持たれないようです。

●色っぽさを通りこして、下品にみえる

『セクシー通り越してお下品。夜の仕事やってる女と一緒に歩いてるように見られそう』(34歳/事務)

露出があまりに多いと、色っぽいというよりも、男性を意識しすぎていて下品な印象をもつ男性も多いようです。
露出が多いと軽い女に見えてくるという意見も。
さりげない透け感で、上品な色っぽさを演出 できると、印象も変わってくることでしょう。

●目のやり場に困ってしまう

『目のやり場に困る。どういう意図でその服着たの?って考えてしまう……』(29歳/派遣社員)

デートなどでシースルーを着てくるのはまだ良いですが、職場などに着て行ってしまうと、周囲の男性が目のやり場に困ってしまうなどという声もあがっています。
男性も、ついつい見てしまうこともあるでしょうし、それに気付かれて気まずい思いをするのは嫌なので、あまり着てほしくないという意見がみられます。

●(3)レギンス

生足は出したくないけど、タイツやストッキングは履きたくない…。
そんなときに便利なのがレギンスです。
そのままサンダルでも出かけられるし、靴下を履けばスニーカーとの相性も抜群!

女性ならほぼ必ず持っているであろうレギンスも、男性からみると様々な意見があるようです。

●下着や股引のように見える

『おっさんが履く股引となんら変わらない。ミニスカと合わせられたらミニスカ履いてる意味ないやんけ!って思いますね』(28歳/営業)

最も多い意見がこの「下着のように見える」というもの。
でも女性からしたら、どこがどう下着に見えるのか、いまいちピンときませんよね。