画像提供:マイナビニュース

写真拡大

米Googleは5月17日(現地時間)、写真サービス「Google フォト」の新機能として、「Suggested Sharing」「Shared Libraries」「Photo Books」を発表した。今後数週間のうちに提供を開始する予定だ。

Google フォトは、写真に写っている人物の顔を認識し、同じ人物が写っていると思われる写真を自動でグループ化する機能を提供してきた。今回発表されたSuggested Sharingは、特定の人物が写っている写真を、誰にシェアするか提案する機能。「送信」をタップすると、シェアされた人は写真を見られるようになる。

Shared Librariesは、家族や友人などと自動で写真を共有できる機能。ユーザーが写真をライブラリに追加すると、家族や友人などはすぐにその写真を見ることができる。特定の人物の写真や、特定の日付の写真のみアクセスを許可することも可能だ。

Photo Booksは、Google フォトにある写真をプリントし、フォトブックが作れるサービス。フォトブックに使う写真を自動で選んでくれる機能を持つため、ユーザーは微調整ののち注文すれば簡単にフォトブックを作れるという。米国での価格は、20ページのソフトカバーブックで9.99ドル、ハードカバーブックの場合は19.99ドル。対応国は順次拡大していく予定だ。