画像提供:マイナビニュース

写真拡大

●ガンを取り巻く環境

私たちの体は、私たちが食べたものによって構成されていると言っても過言ではない。鉄が欠乏すれば貧血に、ビタミンが不足すれば免疫力の低下につながると言われるなど、毎日の食事が健康に及ぼす影響は大きい。それだけに、日々の食事を通じて自身の体調をきちんと管理することが、賢い健康術と言えよう。

それでは、具体的に何を食べれば体によいのだろうか。海外のさまざまなニュースを伝える「MailOnline」にこのほど、「食生活とガンの関係」に関するコラムが掲載されたので、本稿ではその内容を紹介しよう。

○食生活とガンに関する真実

現代は2人に1人がガンになる時代。ガンへの対処法は健康寿命を延ばすうえで必要不可欠であるが、栄養士として25年間にわたり活躍してきたジェーン・クラーク氏は、ガンの罹患リスクを下げる食事のヒントを示している。

近年は英国人におけるガンの死亡例が増加している。英国人女性の間で最も多いガンである乳ガンは、毎年約5万4,000件の新しいケースが報告されており、女性におけるガンによる死因の第3位である腸ガンは、50歳未満での罹患率が45%増加しているという。さらに国家統計局によると、膵臓ガン患者は2012年から8%伸びている。

胃ガンから腸ガンに至るまで、ガンの多くは食生活や体重増加に関連していると考えられている。英国国民保健サービス(NHS)は、腸ガンの3分の2は食生活と生活環境をよくすることで予防できたとしており、米国国立ガン研究所の最近の研究は、体重増加と胃ガン・食道ガンは密接な関係があると報告している。

また、世界ガン研究基金によると、地中海式食事を取り入れると、最も危険な形式の乳がん罹患リスクが40%下がる一方で、ウエスト周りの体重増加と子宮ガン罹患リスクの間に強い関係があるという。ウエストサイズがほんの少し大きくなるだけで、子宮ガン罹患リスクは21%増加したとのこと。

このように、食べ物や栄養は私たちの幸福とガンの罹患リスクに極めて大きな影響を与えている。すでにガンと診断されていても、今後に何を食べるかは非常に重要になる。ただ、残念なことに食べ物とガンの関係について、多くの誤解があるとクラーク氏は主張している。

巷には様々な「奇跡」を起こすガン対策用食事療法があるが、「特定のものを食べないような食事療法には手を出さない方がよいと強く言いたい」とクラーク氏は指摘する。

そのような食事療法は「ガンになるのではないか」という恐れを助長するだけではなく、ガン患者がそのような食事療法を取り入れれば、悪い結果を引き起こす可能性があり、栄養不足になることもある。そして、そのような極端な方法がよいという証拠はないのが実状だ。

●抗酸化作用の高い栄養士お勧めの食材とは

ここからは、巷で言われている食事に関わる"神話"の事実を紐解きながら、食生活とガンにまつわる真実を解説していこう。

神話: 肉を食べるとガンになる

真実: 赤身やベーコン、ハムといった加工肉を多く食べることと、腸ガン発症リスク増加に関連性がみられるとする研究もある。実際、加工肉を大量に食べる方が、良質な赤身ステーキを週に2回食べるよりもリスクは高いという。しかも、身体が成長し、脳が発達し、健康な骨を作り、エンドルフィン(幸福ホルモン)を出すために身体が必要とする8つの必須アミノ酸は、良質な赤身ステーキに含まれている。

全般的に、一日に約50g(ハム2枚もしくは1枚のベーコン)の加工肉を食べると腸ガン罹患リスクが20%ほど高くなると言われている。理由として、肉を食べた際に作られる「ニトロソアミン」が、私たちの細胞のDNAを傷つけるためと考えられている。現行のガイドラインでは1週間に500gまでの赤身摂取は許容されており、これだけ食べれば十分にお肉を楽しめることだろう。

神話: ワインはガン予防になる

真実: ワインに含まれている抗酸化物質は、ガンや他の深刻な疾病の予防になるという研究成果はある。しかし、それは実験室の中だけのことだ。実際には、アルコール飲料の飲み過ぎと口腔ガンや咽喉ガン、食道ガン、肝臓ガン、腸ガンの罹患と強い関係があることが研究成果として示されている。女性では、アルコール飲料は乳がん罹患リスクを高める重要要因である。

神話: 乳製品はガンの原因になる

真実: 実は明確な因果関係はまだ示されていない。カルシウムを多く摂取すると腸ガンの予防になると最近の研究で明らかになったが、乳製品が前立腺ガンや卵巣ガンに関係しているという研究もある。乳がんに関しては結論が異なる研究もあり、明確な因果関係があるとは言えない。

神話: 砂糖はガンに栄養を与える

真実: すでにガンに罹患していても、砂糖はガンを成長させない。ガン細胞を含め細胞はすべて血糖(ブドウ糖)で成長するが、砂糖を与えたからといってガン細胞の成長速度が速まることはなく、同様に砂糖断ちをしてもガン細胞が"餓死"することはないとのこと。

○トマトとウコンを食べよう

ご存知の人も多いかもしれないが、新鮮な食べ物は口腔ガンや咽喉ガン、胃ガン、肺ガンを含めガンの罹患リスクを下げる効果があると言われている。新鮮な食べ物に含まれる抗酸化物質によって、ガン発生の原因となるフリーラジカルの影響が減る。インペリアル・カレッジ・ロンドンの研究によると、一日に10人前の異なる果物と野菜を食べると、ガンに罹患するリスクが13%減ったという。以下に紹介する食材は、特にお薦めのものだ。

■ビートの根: 強力な抗酸化作用があるアントシアニンが含まれている。

■トマト: 赤ければ赤いほど、抗酸化作用があるリコピンがより多く含まれている。生ではなく料理すると、トマトのリコピンが濃縮される。

■繊維: 腸ガンなどの消化器系のガン予防に特に重要。繊維の摂取により便が出やすくなり、身体内の毒素が減り、新陳代謝が促進される。果物や野菜、豆類、穀物、全粒粉など一日に18gほどの繊維が必要とされている。

■ウコン: 長期にわたって大量のウコンを食べる国では、ガンの罹患率が低いということが最近の研究で明らかになった。ウコンに含まれる活性成分であるクルクミンが、ガンの罹患リスクを高める細胞を変えたり殺したりするからだと考えられている。

※写真と本文は関係ありません

○記事監修: 杉田米行(すぎたよねゆき)

米国ウィスコンシン大学マディソン校大学院歴史学研究科修了(Ph.D.)。現在は大阪大学大学院言語文化研究科教授として教鞭を執る。専門分野は国際関係と日米医療保険制度。