【ワシントン聯合ニュース】文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領の特使として米ワシントンを訪れた洪錫ヒョン(ホン・ソクヒョン)前中央日報・JTBC会長が17日(米東部時間)、ホワイトハウスでトランプ大統領と面会し、文大統領の親書を手渡した。文在寅政権による米国との首脳外交が本格的に始まったことになる。韓米は来月末にワシントンで首脳会談を開催することで合意している。

 トランプ氏が韓国政府の代表と会ったのは昨年11月の大統領当選以降、初めて。韓国では昨年秋から朴槿恵(パク・クネ)前大統領の弾劾を巡り政局が混乱し、首脳外交が長い間ストップしており、朝鮮半島を巡る議論で韓国が外される「コリア・パッシング」への懸念も出ていた。だがこの日、トランプ氏がロシアとの関係を巡る疑惑で危機に立たされている状況ながら面会に15分を割く礼遇ぶりを見せたことで、そうした懸念も和らぎそうだ。
 洪氏によると、トランプ氏は面会で「文大統領と一緒に北朝鮮核問題の解決に向け緊密に協調し、結果を生み出すことを期待する」と述べ、文政権との連携により核問題を解決する姿勢を明確にした。
 北朝鮮核問題と関連して何より目を引くのは、トランプ氏が「今は圧力と制裁の段階にあるが、一定の条件になれば関与により平和を築く意向がある」と強調したことだ。トランプ氏が北朝鮮核問題を巡り「平和」という言葉を使うのは初めてで、文大統領の北朝鮮への融和的な政策を後押しするとの意味にも解釈され、注目を集めている。
 もちろん、トランプ氏は「関与」の前段階となる北朝鮮との対話について「対話のための対話はしない」と言明した。だが、北朝鮮に「最大の圧力」をかけるとしてきたトランプ政権が、北朝鮮との対話の可能性を開く契機になり得るとの見方が出ている。
 あわせて、トランプ氏が文大統領との首脳会談に期待感を示したことから、両首脳は来月末の会談で韓米首脳外交を完全に復活させる見通しだ。両国はまた、北朝鮮核問題の対応で緊密に協力し、北朝鮮に強い警告のメッセージを送ると同時に、対話の「前提条件」について具体的な議論を続けると見込まれる。
tnak51@yna.co.kr