17日、中国メディアの封面新聞は上海の学校で中国人学生に対し留学生のために宿舎を譲るよう学校が指示していたと伝えた。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。資料写真。

写真拡大

2017年5月17日、中国メディアの封面新聞は上海の学校で中国人学生に対し留学生のために宿舎を譲るよう学校が指示していたと伝えた。

5月16日に中国の掲示板で上海政法学院の留学生はみんな「旦那様」だという書き込みがあった。学校が中国人学生に対して外国人留学生のために宿舎を空けるようと要求してきたためだ。

この書き込みをしたネットユーザーによると、上海政法学院の留学生は16号棟の宿舎下にあるローソンが好きで、学校に16号棟の宿舎を要求してきた。そこで学校側はその要求に応じ、16号棟に住んでいる中国人学生たちに6月中に宿舎を空けて他へ移動するよう「提案」したという。

学校側の通知を見ると、「16号棟はさまざまな専攻の学生が入り混じっているため、よりよく管理をするため」宿舎の調整を行うという名目だという。また、21号棟の学生にも移転を求めているが、理由は「留学生の宿舎と近く、留学生と生活習慣が異なるため」としている。

インタビューに応じた学生によると、「提案」といういい方は遠慮した言い方だが、みんな早く出ていけという意味なのだという。今回の学校側の「提案」に多くの中国人学生が反感を持ったとしている。しかし学校側は、宿舎の調整方法はまだ検討中で、留学生へのえこひいきは否定した。

これに対し、中国のネットユーザーからは「この種の話は最近よく聞く」「本当に気分が悪くなる」「外国を崇拝してこびる代表だな」などのコメントが寄せられた。

また、「多くの中国人はいまだに外国人に対して腰が低く頭が上がらない」「1等が外国人、2等が役人、3等が少数民族で4等が漢民族なんだよ」との意見もあり、現状を嘆くコメントが大半を占めていた。(翻訳・編集/山中)