ホンダセンシングを導入しボディデザインもスポーティーに

ホンダは2017年7月に発表する小型セダン「グレイス」のマイナーチェンジモデルを公式ホームページで先行公開した。5ナンバーハイブリッドセダンに4WDモデルを初導入した「グレイス」がデビューしたのは2014年のこと。そこから約3年の月日が経ち、初のマイナーチェンジとなった「グレイス」は、安全運転支援システム「ホンダセンシング」を採用し、内外装をスポーティに仕上げ登場する予定だ。車名の由来のように思いやりのある安全な移動空間を提供してくれるだろう。